ラジコン 基礎知識

ラジコンを始める前に

ラジコンを購入しよう!

ノーコンについて知ろう!

ラジコンのメンテナンス

ラジコンカーの走行・レース参戦

初めてのラジコンカー走行

初めてのラジコンサーキット走行

ラジコンカーレースに出てみよう!

ラジコン お役立ち情報

ラジコンカーのスポンジタイヤ

ラジコンカーのホイール

ラジコンカーのボディー

ラジコンカー駆動方式

ラジコンカーの足回り

ラジコンカーのセッティング講座

タミヤ F104情報

ラジコン最速理論



走行後のメンテナンス

サーキットを走り終えたラジコンカーは思いのほか汚れています。
タイヤのカスや、前者の排気ガスを受けているからで、コースアウトした場合などは砂埃も浴びれば、芝生なども巻き込んでいることもあります。

こうした汚れを放っておくことは、単に見た目が汚いだけでなく、各部の以上を引き起こす原因になりますので、面倒でもこまめに手入れをするように心がけましょう。

@コンプレッサー
ラジコンカーのメンテナンス

エアコンプレッサーの風圧で汚れを吹き飛ばします。
コンプレッサーはほとんどのサーキットに常備されていると思いますが、コンプレッサーが無い場合はスプレータイプのエアブローを使います。

Aハケ掃除
ラジコンカーのメンテナンス

大まかな汚れはこれで解消!
車体に付いたホコリや砂汚れなどを簡単に落とすことができる定番アイテムです。

B歯ブラシ
ラジコンカーのメンテナンス

歯ブラシはハケよりも細かい部分の掃除に適しています。ヘッドの大きさやブラシの硬さなど、様々なバリエーションがあるので、使用目的に応じた使い方ができますね。

Cエアブロー
ラジコンカーのメンテナンス

細かな汚れを落とすのに非常に便利な缶タイプのエアブロー。ハケなどで落としきれない汚れに非常に便利。

Dクリーナー
ラジコンカーのメンテナンス

ラジコンカーのクリーニングに欠かせない定番アイテム。
主にアルコール成分を主成分としているので、オイル等の様々な汚れの掃除に役に立ちます。

E拭き取り
ラジコンカーのメンテナンス

メンテナンスの最終は拭きあげ掃除です。
ボディーはもちろん各部のパーツの汚れをティッシュにパースクリーナーを浸み込ませ念入りに拭き取りましょう。

 

RCカーの保管

RCカーを走らせないときは、必ず走行用バッテリーのコネクターは外してサーボなどの電子機器に通電させないようにしておきます。またRCカー自体を保管する場合、とうに長期間保管が想定される場合には、タイヤを4つとも外してシャーシーを土台の上に置いて保管することをお勧めします。仮にタイヤを使たままにしておくと、RCカーの重みでタイヤが凹んでしまうことになります。

ボディの補修

ちょっとしたボディの変形、割れでもスケールイメージを損ねますし、走行中の空力が乱れて走りにも影響します。すこしでもボディの割れを防ぐために「シューグ」と「メッシュテープ」などを使って補強するのが良いでしょう。

ドライブベルトのへ垂れチェック

ベルトドライブのRCカーの場合、ドライブベルトはパワー伝達のアイテムだけあって特にメンテナンスは欠かせない部分です。ドライブベルトのメンテナンスを怠ってしまうとレース中にベルトが切れて走行不能(リアタイア)になってしまいます。ドライブベルトが傷ついていたら交換します。さらに前後のプーリーが汚れていたら綺麗にしておくとコンディションを維持することができるでしょう。

サスペンション・ダンパーのチェック

サスペンションもクラッシュなどで痛みやすい部分です。アームの間借りやネジ穴の損傷、取付部分のガタなどをチェックして、状況に応じてパーツ交換を行いましょう。またオイルダンパーを装着している場合、オイルダンパーの漏らさないようにゴムリングなどで密着していると思いますが、激しい衝突や振動によってはオイル漏れが生じますから、時々オイル量をチェックして少ないようでしたら補充をします。尚、クラッシュによってダンパーシャフトが曲がってしまった場合には、早めに交換するようにしましょう。

シャーシー(フレーム)のゆがみ確認

RCカーの骨格となるのがシャーシ(フレーム)。そのため厚みのある固い素材で作られているため高い強度を持っていますが、衝突などが繰り替えされるとさすがに歪んでしまう場合があります。シャシーが歪んでいるかどうかの確認方法は、平らな台の上にRCカーを乗せ、そっと垂直に持ち上げた時に片方も車輪だけが速く代から離れてしまわないかを確認します。もし方輪が先に離れてしまうようなら、シャシーのゆがみやサスペンションの狂いが考えられます。

サスペンションをチェックして左右で狂いがないようなら、シャーシーが歪んでいる可能性が高いです。応急的には曲がっている方向とは逆方向に力を入れて修正を行います。ただ金属は一度曲がってしまうと癖がついてしまうので、あまりにも曲がる頻度が多くなってきた場合は交換するのが良いでしょう。

リアシャフトの曲がり確認

RCカーのリアタイヤ部分はシャフト(リアシャフト)で構成されている場合が殆どです。リアシャフトは鉄(スチール)でできているため曲がるイメージはありませんが。猛スピードで走行できて車重も2〜3kgはあるマシンが衝突する衝突エネルギーは想像以上に大きいです。

そのため、見た目には分かりませんがリアシャフトが曲がってしまっている可能性があります。リアシャフトの曲がり具合を確認するには、リアシャフトを一旦外して平らな台の上で転がしてみるとよく分かります。もし曲がっているようなら新しいものと交換します。

シャーシ各部のメンテナンス

RCカーの走りの基本となるのがシャーシーです。走行中やクラッシュじにダイレクトに負荷がかかる部分だけにしっかりした手入れがベストコンディションを保つのに役立ちます。

|ネジの緩み、いたみ
走行中の振動でネジは自然と緩んできますので、2〜3パック走らせたら、時々増し締めをします。また路面と擦りあった場合は次第にネジ穴が消えてしまい、最悪の場合はドライバーで緩めることができなくなってしまいますので、少しでも削れているのが分かった段階で交換するのが良いでしょう。

|ギヤやジョイント部分のチェック&グリスアップ
RCカーは、非常に高速で走行する為、足回り(駆動系パーツ)の負担は想像以上に苛酷です。少しでもパーツの消耗を減らすためにギヤやジョイント部分にはグリスが塗布されています。しかし、高速回転するパーツなため、何パックも走らせているうちにグリスが飛散し、金属同士が擦れあって走行することになってしまいます。当然こうのような状態になってしまうと摩耗はひどくなりますから時々チェックをして、グリス量が少ないと気づいたら迷わずグリスを塗布するようにしましょう

 

電動ラジコンカー講座

電動ラジコンカーとは?

電動ラジコンカーのモーター

電動ラジコンカーのバッテリー

電動ラジコンカーの暑さ対策

動画で学ぶ電動ラジコン

エンジンラジコンカー講座

エンジンラジコンカーとは?

ラジコンのエンジンについて

ラジコンのエンジンの始動方法

ラジコンのボディー加工

ラジコンドリフトカー講座

ラジコンドリフトとは?

ラジコンドリフトの練習方法

ドリフトタイヤについて

MINI-Z講座

MINI-Z 基礎知識

もっと詳しくMINI-Zを知りたい!

MINI-Zチューンアップ

動画で楽しむラジコン

電動ラジコンカー

ラジコン ヘリコプター

ラジコン 飛行機