ラジコン 基礎知識

ラジコンを始める前に

ラジコンを購入しよう!

ノーコンについて知ろう!

ラジコンのメンテナンス

ラジコンカーの走行・レース参戦

初めてのラジコンカー走行

初めてのラジコンサーキット走行

ラジコンカーレースに出てみよう!

ラジコン お役立ち情報

ラジコンカーのスポンジタイヤ

ラジコンカーのホイール

ラジコンカーのボディー

ラジコンカー駆動方式

ラジコンカーの足回り

ラジコンカーのセッティング講座

タミヤ F104情報

ラジコン最速理論



ラジコンカーのライン取り

ラジコンサーキットを走る場合は基本的にどこを走っても問題ないのですが、速く走るためには適切な道筋で走行しなければタイムアップは望めません。

サーキットで走っているラジコンカーを見ていただくと分かるかと思うのですが、どのラジコンカーも同じような道筋を走っているのが分かると思います。

これはラジコンカーに限らず、実車のレース界でも言えることなのですが、サーキットをもっとも効率よく走らせるための手段なのです。

この道筋をレース界ではラインと呼んでいます。

それではこのライン取りについて、もう少し詳しく説明していきます。
まず、「アウト・イン・アウト」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

これは、コーナーに対してアウトからアプローチし、徐々にイン側により、クリッピングポイントから再びアウト側めがけて立ち上がるというライン取りで、もっとも基本的なライン取りのだと言われています。

ラジコンカーのライン取り
アウト・イン・アウト

では、なぜ「アウト・イン・アウト」が基本とされているのでしょうか?
同じスピードならば、短い距離のほうが短時間で走りきることができますよね?

それならば、サーキットで最も短い距離となるラインを走ればいいことになり、コーナーとコーナーの間は最短距離の直線で結び、コーナーリングもイン側を走ればいい。

そう考えても不思議ではないですよね。

ですが、それがゆっくりと走るのなら一番いいラインになるのですが、速く走るとなると、そのラインでは難しくなってきます。なぜなら速く走ることと小さく曲がることは相反することだからです。

物理的な話になりますが、ラジコンカーがコーナーを曲がるときには、そのラジコンカーには速度の二乗に比例し、コーナー半径に反比例する遠心力が働くことになります。

つまり、速度が速くなるほど、コーナー半径が小さくなるほど、ラジコンカーに加わる遠心力は強くなってしまうのです。

ところが、タイヤのグリップには限界があり、遠心力がグリップの限界を超えてしまっては、ラジコンカーはアウト側に飛び出してしまいます。

そこで、速度が速くなるほど、コーナー半径を緩くする、すなわち大きく曲がらなければいけなくなります。その結果が「アウト・イン・アウト」になるのです。

「アウト・イン・アウト」で走ることにより、このコーナーの半径よりも大きな曲率で曲がりこんでいくため、回転半径を大きくとり、遠心力を小さくすることができます。

結果、その分だけ、タイヤのグリップにも余裕が生まれ、スピードを高めて走行することが可能になるということです。

電動ラジコンカー講座

電動ラジコンカーとは?

電動ラジコンカーのモーター

電動ラジコンカーのバッテリー

電動ラジコンカーの暑さ対策

動画で学ぶ電動ラジコン

エンジンラジコンカー講座

エンジンラジコンカーとは?

ラジコンのエンジンについて

ラジコンのエンジンの始動方法

ラジコンのボディー加工

ラジコンドリフトカー講座

ラジコンドリフトとは?

ラジコンドリフトの練習方法

ドリフトタイヤについて

MINI-Z講座

MINI-Z 基礎知識

もっと詳しくMINI-Zを知りたい!

MINI-Zチューンアップ

動画で楽しむラジコン

電動ラジコンカー

ラジコン ヘリコプター

ラジコン 飛行機