ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン初心者向けの情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

ゴムタイヤQ&A

      2018/04/09

ここではゴムタイヤの素朴な疑問について解答しています。

ゴムタイヤを扱う上で注意する点は?

ゴムタイヤはホイールとタイヤを瞬間接着剤で固定していきますが、少しでも接着不足があれば走行中にそこからはがれてしまい、グリップ力を大きく損なってしまいます。
そのため定期的にタイヤがホイールとちゃんと接着されているかを確認するようにしましょう!

またゴムタイヤに限らず、タイヤのトレッド面が編磨耗していないかを確認するようにしましょう。もし編磨耗していたらセッティングがあっていない可能性があるので、キャンバー角などで調整する必要があります。

 

タイヤを長期保管したいんですけど

ゴムは空気中に触れるたびに、どんどんと劣化していきます。そのためタイヤをむき出しで長期保管すると、タイヤの表面がカチコチになってしまい、大幅な性能ダウンを招いてしまいます。そうならないためには、タイヤをサランラップで巻き、できるだけ空気と触れないようにして保管する必要があります。

 

タイヤの寿命は?

タイヤが一番グリップ力を発揮するのは、新品の状態から一皮めくれた状態だと言われ、その時点からどんどんとタイヤの性能は落ちていきます。

ただ、タイヤの寿命として考えると、インナースポンジが見えるまでは走行することができますが、一般的に限界だなと思った時点で交換すればいいでしょう。

 

ホイールが割れてしまいました

高速でクラッシュしてしまった場合、当たり所が悪ければホイールが割れてしまったりすることもしばしば、このような時タイヤは使えるのでしょうか?

残念ながらホイールが割れてしまったら交換です。タイヤとホイールを捨てることになりますが、中のインナースポンジは綺麗に取り出すことができれば、再利用することも可能です。

 

タイヤを上手に使うには

タイヤを長期間上手に使うには、路面温度に合わせたタイヤを選択する必要があります。例えば非常に柔らかいコンパウンドのタイヤを真夏に使用すると、タイヤが路面温度で溶けてしまい、あっという間になくなってしまいます。

 

グリップ剤って何!?

グリップ剤はタイヤの表面に塗る薬剤のことで、このグリップ剤を塗ることでタイヤの表面を溶かし、グリップ力を高めます。 といってもタイヤの奥まで染み込んでしまうことはありません。

ただコースによっては、グリップ剤を禁止しているところもあるので、注意しましょうね!