ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン初心者向けの情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

ボールデフの仕組み

      2018/04/13

ベベルギアを使った「ギアデフ」はメンテナンスや調整が容易な点がメリットでしたが、デメリットもあります。それは 「ギアデフ」では片方のタイヤが地面を離れてしまうと駆動力をロスしてしまう現象です。

その駆動ロスを防ぐ為にラジコン独自のデフ機構の「ボールデフ」が登場しました。
このボールデフは金属の小さなボールを2枚のプレートで挟みこみ、プレートと金属ボールとの摩擦を利用しているので駆動力は常に両輪にかかるため、たとえコーナーリング中に片方のタイヤが浮いた状態でも、片側のタイヤに集中して駆動力が伝わってしまうということがありません。

ラジコンカーのボールデフのしくみ

ここまでを見るとボールデフに交換した方が良いと思われるかもしれませんが、ボールデフは良いことだけではありません。

まず下記のボールデフの組み込み方を見ていただければよく分かっていただけるかと思いますが、ボールデフはデフギアと比較にならないほどたくさんのパーツが必要です。

またボールデフの組み立ては少しコツがいり、組み込んだ後のボールデフの調整も非常にシビアなため、車の状態がどうなっているかを正確に見分ける力がなければ、上手く動作させることができません。

その為、初心者には少しハードルが高いパーツかもしれませんね。