ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

セッティング

サスペンションとは?

投稿日:2018年4月1日 更新日:

実車の世界でのサスペンションの役割は乗り心地を良くするものですが、レーシングカーや、RCカーの場合は路面の凸凹による振動を吸収して、タイヤが路面から離れないようにグリップ力を最大限に引き出す重要なパーツになります。

サスペンションが無かったり、固すぎる場合には路面の小さな凸凹で車が跳ねてしまい、そうするとタイヤが路面から離れてグリップ力を発揮できません。

一方、柔らかすぎるとショックを受けた時にスプリングが縮みきってしまい、やはりサスペンションがないのと同じような結果になります。

また、コーナーリング中は速度に応じて横Gが発生します。柔らかいスプリングを装着していると、高速コーナーではスプリングが縮みきってしまい、これもまたサスペンションがないのと同じ結果になってしまいます。

その為、サスペンションのセッティングは低速コーナー、高速コーナー、ストレート、路面状況の良さ悪さなどを総合的に含めてチョイスする必要があります。

コースレイアウトとマシンの特性を見極め、もっとも安定してタイムを刻めるようなセッティングを見出す必要があるのです。

ここまでの話を聞くと、一見面倒くさい作業だと思ってしまうかもしれませんが、ピタッとサスペンションセッティングがハマり、タイムが安定して走れるようになったときの爽快感は、なかなか良いものですよ

 

サスペンションの種類

ラジコンカーのサスペンション

ラジコンで使われているサスペンションは大きく分けて
「フリクションタイプ」と「オイルダンパー」の2種類に分けることができます。

まず、「フリクションタイプ」は路面からの衝撃をスプリングのみで吸収するタイプのサスペンションのことを言います。 シリンダー内にオイルを注入することがありませんので、組み立てやメンテナンスが簡単なことがメリットです。その為、フリクションタイプのサスペンションはノーマルのキットに組み込まれていることが多いです。 ただ、細かい調整が行うことができない点が速さを追求しだすとデメリットとなってきます。

次に「オイルダンパー」タイプのサスペンションについて解説します。
オイルダンパーは「ダイヤフラム式」と「エアレーション式」の2種類があります。
まずオイルダンパーを使用する理由として、先ほど述べました「フリクションタイプ」のサスペンションは、スプリングの伸縮のみで衝撃を吸収しているので、一度衝撃を吸収するとしばらくバウンドを続けてしまいます。 こうなってしまうと当然ラジコンカーは不安定な状態になりやすくなってしまいます。

そこで、このバウンドを抑えるためにサスペンションの中にオイルを注入してバウンドを抑えようとする方式が「オイルダンパー」方式となるのです。

一見万能そうに見えるオイルダンパーですが、組み立て方やセッティングが複雑でラジコンカー初心者にはハードルが高いかもしれません。また使用していると次第にOリングなどの劣化でオイルが漏れたりしますので、定期的なメンテナンスもかかせません。

サスペンションは、自分の技量に合わせて選びたいパーツの一つと言えますね。

 

スプリングの強さを決める

サスペンションにバネの固さは車の重さに合わせて選択します。説明図通りに組み立てた場合は、車重とスプリングのバランスは取れています。しかしこれはあくまでもそのまま組み立てた場合だと認識しておいてください。

オプションで軽量効果があるチタンビスや、軽量シャーシー・軽量ボディーを装着すると車重は次第に軽量化されていきます。車重が軽くなってくるとそれに合わせてスプリングも柔らかい(ソフト)ものに交換する必要があります。

車重の他にも速度域も気を付けないといけません。マシンの速度域が上がれば上がるほどコーナーリング時にかかる横G(遠心力)も増します。横Gが増えるということは車重が増えたということにもなります。したがって、バッテリー電圧を高い物、モーターやエンジンをハイパワーのものに交換した場合、スプリングは固いものに交換しないとスプリングが伸びきってしまい、サスペンションの役目が果たせなくなってしまいます。

マシン自体は軽量化できたけど、速度域が速くなってしまった場合などは、スプリングの固さの見極めは難しくなります。

また、スプリングの固さはなにもフロント、リヤ側ともに同じ固さになるのがベストだとは限りません。 
前後でスプリングの固さを変更するとマシン特性も変わるので、その辺りも意識して、挙動の変化を確かめてみるのもいいでしょう。

-セッティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

速さを決めるRCカーのボールベアリング

レースで勝とうと思うには、ボールベアリングは必ず状態の良いものを装着するようにしてください。 錆びたり、ゴミがベアリング内に入ったりすると、ギャシャギャシャと異音がしだして、回転のロスに繋がります。 …

no image

RCカーの最高速度を上げる方法

バッテリーの電圧を上げる もっとも簡単に、そして即効性のある方法です。 まず、今使っているバッテリーより高い電圧を選ぶことです。 6.8Vのバッテリーを、7.2Vにあげるだけで、体感スピードは2倍程あ …

no image

ラジコンカーのトレッド

トレッドはラジコンカーを上から見下ろし、左右のタイヤの中心間の距離を表します。 トレッドが広いほどグリップ感が得られるため、より走行安定性や初期レスポンスの向上が望めます。ただトレッドを広げすぎるとレ …

no image

ラジコンカーのスタビライザー

スタビライザー スタビライザー装着図 高速走行状態かつRの小さなコーナーほど横Gが強くなり、車体は外側に大きく傾きます(ロールと呼びます)。コーナー進入時のアプローチ角度や、進入速度が速すぎた場合には …

no image

ラジコンカーのリバウンド

リバウンド 小 リバウンド 大 ハイクラスのシャーシーでは「リバウンド量」のセッティングができます。リバウンドとは静止状態でサスペンションがどの程度沈んでいるかを示す量です。当然車重が重たくなるほどサ …