ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

セッティング

セッティングの心構え

投稿日:2018年4月2日 更新日:

RCカーに限らず、F1などのモータースポーツ業界ではしきりに「セッティング」という言葉を聞くと思います。しかし、馴染みのない人にはセッティングという言葉は知っているけど、それがどう役に立つのか?速くなるためには本当に必要なことなのかが分からないと思います。ここではセッティングの重要性と考え方をお伝えします。

 

セッティングとは?

セッティングとはRCカーの性格づけを操作するもの!と思っていただいても間違いないでしょう。ラジコンサーキットには直線の多いサーキット、コーナーが多いサーキットなど、サーキットの性格も様々です。そうしたサーキット性格に車を合していく行為がセッティングなのです。

極端に言うと、直線が多いサーキットの場合は最高速度を伸ばした方が有利ですよね。逆に直線が殆どないサーキットの場合は、コーナーリング重視(加速重視)のセッティングにした方が有利です。

といっても、周りの人達も同じような考え方でセッティングをするので、極端に周りの人と違うセッティングをすることはありません。

このような事から、セッティングの方向性が分からない場合は、サーキットの常連客に聞くのが一番早いでしょう。

まとめますと、セッティングの考え方は、サーキット特性に車を合わせる行為だということを認識しておけば間違いありません。

 

セッティングが必要になる時期

初心者はセッティングをしても大して意味がありません。それは走りにムラがある為、たとえラップタイムが良くなったとしても、セッティングでタップタイムが伸びたのか、腕が上がったのかが分からないからです。

最低でも1秒以内に安定してラップを刻めるようにならないとセッティング効果を肌で感じることはありません。

ですから、まずは走り込みです。セッティングがどうこうとゴチャゴチャ言わずに、ただただ走りこむことが重要になります。

 

セッティングは1か所ずつ

セッティングを行う場合は必ず1か所ずつ行うようにしましょう。そうしないとどこを調整したから走りが変わったのかが分からず。応用が効きません。必ず1か所ずつセッティングを行い、走りを確かめるようにしましょう。

ここで一つセッティングを行う上での重要な考え方をお伝えします。それは『引出の数を増やす』ことです。

例えば、雨上がりの路面コンディションが最悪の時に一番安定して走れたセッティング、夏場のカンカン照りの路面でのセッティング、真冬の路面温度が劇冷え状態でのセッティング、テクニカルサーキットのセッティング、高速サーキットのセッティングなどなど、サーキットはコースレイアウトが変わっていなくても天候で全く違うコンディションになってしまうのです。

そのため、セッティング知識が無い状態だとマシンの特性を引き出せないままにレースを迎えてしまうことになります。

レース上位者はマシンコントロール技術はもちろんですが、あらゆるコンディションにも対応できるセッティングノウハウを頭に叩き込んでいるのです。

-セッティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

速さを決めるRCカーのボールベアリング

レースで勝とうと思うには、ボールベアリングは必ず状態の良いものを装着するようにしてください。 錆びたり、ゴミがベアリング内に入ったりすると、ギャシャギャシャと異音がしだして、回転のロスに繋がります。 …

no image

RCカーの最高速度を上げる方法

バッテリーの電圧を上げる もっとも簡単に、そして即効性のある方法です。 まず、今使っているバッテリーより高い電圧を選ぶことです。 6.8Vのバッテリーを、7.2Vにあげるだけで、体感スピードは2倍程あ …

no image

ラジコンカーのトレッド

トレッドはラジコンカーを上から見下ろし、左右のタイヤの中心間の距離を表します。 トレッドが広いほどグリップ感が得られるため、より走行安定性や初期レスポンスの向上が望めます。ただトレッドを広げすぎるとレ …

no image

ラジコンカーのスタビライザー

スタビライザー スタビライザー装着図 高速走行状態かつRの小さなコーナーほど横Gが強くなり、車体は外側に大きく傾きます(ロールと呼びます)。コーナー進入時のアプローチ角度や、進入速度が速すぎた場合には …

no image

ラジコンカーのリバウンド

リバウンド 小 リバウンド 大 ハイクラスのシャーシーでは「リバウンド量」のセッティングができます。リバウンドとは静止状態でサスペンションがどの程度沈んでいるかを示す量です。当然車重が重たくなるほどサ …