ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

セッティング

ギヤ比セッティング

投稿日:2018年4月2日 更新日:

最高速、加速力のセッティングはギヤ比で行う

ギヤ比とは?

モーターやエンジンのパワーをどのように活かすのかを決めるのがギヤ比のセッティングです。ギヤ比とはモーター、エンジンシャフトに取り付けられているピニオンギヤと、リアシャフトについている大きめのギヤ(スパーギヤ)との比率を差します。RCカーのセッティングでは主にピニオンギヤを歯数の違うものに交換することによって調整します。

ギヤ比は、『タイヤを1回回転させるのに、モーターが何回回らないといけないのか』と覚えておくと、簡単に理解することができます。

 

ピニオンギヤの歯数を小さくした場合⇒トルク重視

スパーギヤを1回転させるのに、ピニオンギヤはより多く回転させないといけません。
これはより多くのモーターの力(トルク)が凝縮されていると言い換えることができます。
この場合、「ギヤ比が大きい」と呼び、RCカーの加速力は強まります。逆に最高速は抑えられます。
テクニカルコースレイアウトで、かつストレート部分が短いサーキットにはギヤ比の大きなセッティングが良いでしょう

 

ピニオンギヤの歯数を大きくした場合⇒最高速重視

ピニオンギヤを小さくした場合と逆の特性が得られます。
スパーギヤを1回転させるのに、ピニオンギヤは少ない回転数で済みます。
この場合、「ギヤ比は小さい」と呼び、トルクはでませんが、グングンと最高速度は伸びるようになります。
ただ、モーターの力(トルク)は弱くなるため、低速コーナーからの立ち上がりは辛いところでしょう。

 

マリ〇カートで言えば、

■ギヤ比大きい→トルク重視→ヨッシー(ピーチ姫)
■ギヤ比小さい→最高速重視→ドンキーコング(クッパ)

 

スポンジタイヤの直径が小さくなると加速がよくなる!

ギヤ比を上げれば加速特性になり、ギヤ比を下げれば最高速特性になることは先ほど説明しました。スポンジタイヤの場合も同じです。スポンジタイヤは走行距離に応じて次第に直径が小さくなります。このタイヤはモーターで言うところのピニオンギヤになります。したがってスポンジタイヤの直径が小さくなるほどに、マシンの加速特性は上がっていきます。

〇ギヤ比を小さく=ギヤ比が大きい
〇タイヤ径小さく=ギヤ比が大きいと同じ
→よってタイヤ径が小さいほどマシンは加速重視になります。

〇ギヤ比を大きくする=ギヤ比が小さい
〇タイヤ径大きい→ギヤヒが小さいと同じ
→よってタイヤ径が大きいほど、マシンの最高速度は上がります。

 

ギヤ比のセッティングは加速重視から始める

ギヤ比のセッティングを行う場合、歯数の少ないピニオンギヤで加速重視(ギヤ比:大)で始めて、サーキットラップタイムや走行できる周回数などのデータを取りながら、徐々に最高速重視(ギヤ比:小)に変えていき、ラップタイムが安定して速く走れるベストのギヤ比を見つめましょう。

このことから速く走らせるためにはラップタイムの計測を行わないといけません。プロポのグリップ部分には手動でラップタイムを計測できるモデルもありますし、コース脇に赤外線でタップタイムを計測させることができるツールもあります。

ギヤ比のセッティングに関わらず、RCカーを速く走らせるにはラップタイムの計測が必須となります。というのもコンマ数秒の世界で速い遅いを決めていかないといけません。目で見ただけでは絶対に分かりません。客観的にセッティングの良し悪しを把握する唯一の方法がラップタイム計測になります。必ずラップタイムは測定するようにしましょう。何となく走りやすくなったといった曖昧なものでは絶対に速く走ることができません。

 

加速重視のギヤ比は燃費はアップ!

ギヤ比が大きい(加速重視)ほど、燃費が良くなり
ギヤ比が小さい(最高速重視)ほど、燃費が悪くなります

10分間レースなどの短時間レースであれば、あまり影響はありませんが、1時間耐久レースなどの場合は、途中でバッテリー交換、給油をしないといけません。

これらの交換作業には、作業時間はもちろんのこと、ピットイン、ピットアウト区間の低速で走行しないといけませんし、マシントラブルのリスクも上がります。

こういった理由からできるだけ燃費の良い走行をすることが勝敗を決めるポイントになります。

耐久レースでは、燃費も気にしながら走行させないといけないのです。

-セッティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

速さを決めるRCカーのボールベアリング

レースで勝とうと思うには、ボールベアリングは必ず状態の良いものを装着するようにしてください。 錆びたり、ゴミがベアリング内に入ったりすると、ギャシャギャシャと異音がしだして、回転のロスに繋がります。 …

no image

RCカーの最高速度を上げる方法

バッテリーの電圧を上げる もっとも簡単に、そして即効性のある方法です。 まず、今使っているバッテリーより高い電圧を選ぶことです。 6.8Vのバッテリーを、7.2Vにあげるだけで、体感スピードは2倍程あ …

no image

ラジコンカーのトレッド

トレッドはラジコンカーを上から見下ろし、左右のタイヤの中心間の距離を表します。 トレッドが広いほどグリップ感が得られるため、より走行安定性や初期レスポンスの向上が望めます。ただトレッドを広げすぎるとレ …

no image

ラジコンカーのスタビライザー

スタビライザー スタビライザー装着図 高速走行状態かつRの小さなコーナーほど横Gが強くなり、車体は外側に大きく傾きます(ロールと呼びます)。コーナー進入時のアプローチ角度や、進入速度が速すぎた場合には …

no image

ラジコンカーのリバウンド

リバウンド 小 リバウンド 大 ハイクラスのシャーシーでは「リバウンド量」のセッティングができます。リバウンドとは静止状態でサスペンションがどの程度沈んでいるかを示す量です。当然車重が重たくなるほどサ …