ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

エンジンカー

ラジコンエンジンの燃料

投稿日:2018年4月7日 更新日:

ラジコンエンジンカーで使用される燃料は一般のガソリン(レギュラー・ハイオク)は使用できず、専用のグロー燃料を使用します。
グロー燃料は主燃剤のメタノール、助燃剤のニトロメタン、潤滑オイル、添加物から構成されています。

ラジコン燃料の選び方

このうち大半を占めるメタノールとニトロメタンはどのメーカーのグロー燃料でも基本的に大きく違いはありません。各製品の違いはニトロメタンと潤滑オイルの混合量と、オイルの成分で変わってきます。

ニトロメタンの含有量は、20%~30%が一般的です。ニトロメタンは爆発を助ける燃剤なので、多く含まれている程爆発の勢いが強くなり、結果としてエンジンのパワーがアップします。

それならば、ニトロメタンの含有量が多い30%燃料を選んだほうがいいのでは?と考えてしまうかもしれませんが、ニトロメタンの含有量が多いほど燃料の値段が上がってしまうため、ランニングコストが高くなってしまいます。

また爆発力が強いことからエンジン各部への負担が増えてしまい、エンジンの寿命は縮んでしまう傾向にあります。

ニードル調整にしても調整がシビアになる傾向になるため、ニードル調整の苦手な方は20%燃料を使うほうがいいでしょう。

ラジコン燃料の選び方

 

燃料の扱い方

ラジコン燃料の選び方 燃料の量は、容量の大きなものの方が1リットルあたりの単価はやすくなりますが、酸化を考えると自分の走行ペースに合わせて選ぶようにします。
酸化した燃料はアイドリングが不安定になり、パワーも出なくなってしまいます。 またニードルの位置も大きく変わってしまいます。

-エンジンカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RCカーのボディーの加工

エンジンは、空気の力で熱を冷ます必要があるため、ボディ加工が必要になります。 具体的にはサイドウィンドウのカット、給油口を設けるためにフロントウィンドウのカット、リアウィンドウのカット等をボディの空力 …

no image

ラジコンエンジンのメンテナンス

エンジンで一番やっかいなことは燃料やオイルがエンジン内部で固着してしまうことです。 メンテナンスをすれば未然に防ぐことができるので、しっかりと行うようにしましょう。 メンテナンス手順 燃料は必ず空にす …

no image

ラジコンエンジンの慣らし

ラジコンエンジンを初めて始動する際には、エンジンのブレークイン(慣らし走行)が必要です。 ブレークインとはエンジン内部の各金属パーツの擦りあわせを行うことで、パーツ同士のバリや突起物などを削り落とし、 …

no image

ラジコンエンジンの始動方法

プラグをしめこむ プラグレンチを使ってしっかりと締め込みます。 プラグを締め込む際にはプラグについているスペーサーを忘れないように注意しましょう。 燃料タンクに燃料を注入 燃料ポンプを使って燃料タンク …

no image

ラジコンエンジンのマフラー

マフラーの一番の役割は消音効果なのですが、マフラーやマニーホールドの形状によってエンジンの特性を変更させることができますので、セッティング項目の一つと考えます。 ここではマフラーやマニーホールドの形状 …