ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

エンジンカー

ラジコンエンジンのメンテナンス

投稿日:

エンジンで一番やっかいなことは燃料やオイルがエンジン内部で固着してしまうことです。
メンテナンスをすれば未然に防ぐことができるので、しっかりと行うようにしましょう。

メンテナンス手順
燃料は必ず空にする
ラジコンエンジンのメンテナンス 走行後、燃料タンクに残った燃料は必ず空にします。
燃料は空気に触れることによって酸化してしまいますので、次回使用するときには性能が落ちてしまっているからです。またエンジン内に燃料が残っていると、アルコール分が揮発して水分を呼び、サビの発生原因になります。

そのため走行後は、燃料タンクに残っている燃料を抜き、その後エンジンを空回しし、エンジン内部に残っている燃料を完全に燃焼させるようにしましょう。

メンテナンスオイルを注入
ラジコンエンジンのメンテナンス エンジン内に残った燃料が無くなったことを確認できましたら、エンジン内にメンテナンスオイルを注入しましょう。

このメンテナンスオイルをエンジン内に注入することにより、エンジン内部を常に潤った状態にし、次回の始動を容易にしてくれる役割があります。

このメンテナンスオイルはキャブレターから注入するようにし、注入後は、エンジンのクランキングを行い、エンジン内部全体にメンテナンスオイルが行き渡るようにします。

エアクリーナーは清潔に
ラジコンエンジンのメンテナンス 1日走行させるとエアクリーナーはかなり汚れてしまいます。
エアクリーナーが汚れてしまうとエンジン内に取り込む空気の量が減ってしまいパワーダウンなどの原因になります。そこでクリーナーや洗剤を使って汚れを落とします。
汚れが落ちた後は専用のオイルに付けるだけで、コンディションを保つことができます。
エンジンはケミカル用品でクリーンアップ
ラジコンエンジンのメンテナンス 走行後のエンジンはオイルやホコリ等でドロドロになっていますので、念入りに掃除する必要があります。

専用のクリーナーを使用すると汚れが取れやすいので、上手く使い分けて使用しましょう。

マフラーにはフッ素コーティングを
ラジコンエンジンのメンテナンス エンジンと同様にマフラーも大変汚れてしまいます。
マフラーが汚れてしまう放熱効果が低下してしまい、性能ダウンしてしまいます。この汚れを少しでも減らすために、フッ素系の剥離剤でコーティングしておくと、汚れが付きにくくなります。
マフラーの口にはふたを
ラジコンエンジンのメンテナンス マフラーの中には残った排油が溜まっている場合が多く、移動の際にマフラーの口から排油がこぼれ出てくることがあります。

そうならないためにマフラーの口にマフラーキャップを付けておきます。マフラーキャップがない場合はティッシュなどをつめておくようにしましょう。

-エンジンカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RCカーのボディーの加工

エンジンは、空気の力で熱を冷ます必要があるため、ボディ加工が必要になります。 具体的にはサイドウィンドウのカット、給油口を設けるためにフロントウィンドウのカット、リアウィンドウのカット等をボディの空力 …

no image

ラジコンエンジンの慣らし

ラジコンエンジンを初めて始動する際には、エンジンのブレークイン(慣らし走行)が必要です。 ブレークインとはエンジン内部の各金属パーツの擦りあわせを行うことで、パーツ同士のバリや突起物などを削り落とし、 …

no image

ラジコンエンジンの始動方法

プラグをしめこむ プラグレンチを使ってしっかりと締め込みます。 プラグを締め込む際にはプラグについているスペーサーを忘れないように注意しましょう。 燃料タンクに燃料を注入 燃料ポンプを使って燃料タンク …

no image

ラジコンエンジンのマフラー

マフラーの一番の役割は消音効果なのですが、マフラーやマニーホールドの形状によってエンジンの特性を変更させることができますので、セッティング項目の一つと考えます。 ここではマフラーやマニーホールドの形状 …

no image

ラジコンエンジンのプラグ

エンジンカーで使用するグロープラグは、始動時にプラグブースター等を使用するものの、一度エンジンが始動してからは爆発熱を利用してヒートし続けます。 このグロープラグは使用目的別に様々なものがラインナップ …