ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

エンジンカー

RCカーのボディーの加工

投稿日:2018年4月9日 更新日:

エンジンは、空気の力で熱を冷ます必要があるため、ボディ加工が必要になります。
具体的にはサイドウィンドウのカット、給油口を設けるためにフロントウィンドウのカット、リアウィンドウのカット等をボディの空力を考えながら行う必要があります。 ここでは代表的なボディ加工を紹介します

サイドウィンドウカット

エンジンカーのボディー加工 サイドウィンドウをカットしてエンジンに冷たい空気をあてることは、もはやエンジンカーの基本となっています。
ただサイドウィンドウ全部をくり抜いてしまうと、ボディ剛性が弱まり走行中にボディがゆがんでしまいます。
このことから冷却と剛性をバランスよくさせることが重要になります。またレースに参加する場合はあまりくり抜きすぎるとレギュレーション違反になってしまうこともあるので注意しましょう。

 

燃料給油用&冷却用カット

エンジンカーのボディー加工 エンジンカーのレースではボディを装着したまま燃料給油を行う必要があります。そのため燃料キャップの上部辺りに少し大きめの穴をカットします。

穴を大きくカットすると給油も冷却性が上がりますが、ボディの空力が大きく損なわれてしまいます。

そのためできるだけ小さく穴をあけるようにし、穴はできるだけ空力変化の少ないルーフ部分であけるようにします。

 

リアウィンドウカット

ボディフロント部とサイド部から取り込んだ空気を効率的に逃がしてあげるために、リアウィンドウ部に穴をあけます。

大きくカットすることで冷却性能は上がりますが、レースのレギュレーションの制限にかかってしまったり、ボディ剛性が弱くなるので、やはりバランスを考えてくり抜く必要があります

 

リアバンパーカット

ボディの冷却効果には直接関係ないのですが、リアバンパーをカットすることで安定性が向上します。

レースによってはレギュレーション違反になってしまうこともありますので、注意してくださいね。

-エンジンカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ラジコンエンジンのメンテナンス

エンジンで一番やっかいなことは燃料やオイルがエンジン内部で固着してしまうことです。 メンテナンスをすれば未然に防ぐことができるので、しっかりと行うようにしましょう。 メンテナンス手順 燃料は必ず空にす …

no image

ラジコンエンジンの慣らし

ラジコンエンジンを初めて始動する際には、エンジンのブレークイン(慣らし走行)が必要です。 ブレークインとはエンジン内部の各金属パーツの擦りあわせを行うことで、パーツ同士のバリや突起物などを削り落とし、 …

no image

ラジコンエンジンの始動方法

プラグをしめこむ プラグレンチを使ってしっかりと締め込みます。 プラグを締め込む際にはプラグについているスペーサーを忘れないように注意しましょう。 燃料タンクに燃料を注入 燃料ポンプを使って燃料タンク …

no image

ラジコンエンジンのマフラー

マフラーの一番の役割は消音効果なのですが、マフラーやマニーホールドの形状によってエンジンの特性を変更させることができますので、セッティング項目の一つと考えます。 ここではマフラーやマニーホールドの形状 …

no image

ラジコンエンジンのプラグ

エンジンカーで使用するグロープラグは、始動時にプラグブースター等を使用するものの、一度エンジンが始動してからは爆発熱を利用してヒートし続けます。 このグロープラグは使用目的別に様々なものがラインナップ …