ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

MINI-Z

MR-015について

投稿日:

初代ミニッツシリーズのMR-01シリーズの改良版がMR-015です。
ミニッツシリーズの中でも群を抜いて幅広いボディーを装着することができるのが特徴で、バリエーションもファミリーカーやスポーツカー、ミニバン等々本当に様々なボディーがラインナップされているので、ボディーを選ぶだけでもワクワクしてしまいます。

走りについては、MR-02シリーズと同じくRacer仕様となっているのですが、バッテリーの搭載位置が高く、トレッドも狭いため、コーナーリング時に転倒しやすいという弱さをもっています。
この点はミニッツサーキットでハイグリップタイヤを装着した際に発生しやすい現象で、車高を下げるといったセッティングで補います。セッティング次第ではMR-02にも勝るとも劣らない実力を発揮します。

オプションパーツも多数販売されているので、ハイエンドに楽しむことができるでしょう!!

下記にミニッツの動画を紹介していますので、イメージを掴むためにもご覧下さい。

すごいでしょ!? ミニッツはこんなに速く軽やかに走行ができるのです。

MINI-Z MR-015の仕様
MINI-Z MR-015
MINI-Z MR-015 シンプルなキングピン・コイルスプリングタイプのフロントサスペンションが各スペックに最適化させたジオメトリーを維持し、素直な操縦性を約束。
MINI-Z MR-015 バック&ブレーキ機能付のFET素子採用高周波アンプでスピードコントロール。省電力ときめ細かな変速、パンチある立ち上がりを実現。
MINI-Z MR-015 01シャシー同様の電池の上下搭載スタイルながら、ボックス内にリブを設け、剛性を大幅向上。サスペンションの能力を100%発揮。
MINI-Z MR-015 MR-02シャシー同様のスナップ・ロック方式の構造を採用したフロントサスペンションユニットにより、ワンタッチでタイロッド、キングピン、コイルスプリングの脱着が可能。
MINI-Z MR-015 しなやかなスイングで優れたロードホールディングを見せるリアサスペンションは、素材の特性も活用し、理想的な作動特性を長期に渡り維持。
MINI=Z MR-015 単4アルカリ乾電池4本で約1時間という長時間走行を実現。ギヤ比設定を好みに変更する事で、様々なコース環境に適応させる事が可能。
MINI-Z MR-015のRM(リアモーターマウント)タイプ
RM(リアモーターマウント)タイプ
MINI-Z MR-015 MINI-Z MR-015はモーターの搭載位置によって、装着できるボディーが変わってきます。
また走行特性も変わって変わり、写真のようにモーターを後方に配置したRM(リアモーターマウント)モデルは、重心バランスを後方にずらすことにより、走行時のリアのコントロールが容易になっています。
ミニッツ MR-015 RMタイプに搭載できるボディーの一例
MINI-Z MR-015 MINI-Z MR-015
日産 スカイライン R34 GT-R ポルシェ 935 ターボ 1977
MINI-Z MR-015のMM(ミッドシップモーターマウント)タイプ
MINI-Z MR-015のMM(ミッドシップモーターマウント)タイプ
MINI-Z MR-015 MINI-Z MR-015はモーターの搭載位置によって、装着できるボディーが変わってきます。
また走行特性も変わって変わり、写真のようにモーターを中央に配置したMM(ミッドシップモーターマウント)モデル。
ミニバンのようなホイールベースの長い車にも対応します。
ミニッツ MR-015 MMタイプに搭載できるボディーの一例
MINI-Z MR-015 MINI-Z MR-015
ホンダ オデッセイ アブソルート トヨタ アルファード
MINI-Z MR-015のHM(ハイモーターマウント)タイプ
MINI-Z MR-015のMM(ミッドシップモーターマウント)タイプ
MINI-Z MR-015 MINI-Z MR-015はモーターの搭載位置によって、装着できるボディーが変わってきます。
また走行特性も変わって変わり、写真のようにモーターをリアタイヤの上に配置したHM(ハイモーターマウント)モデル。
ホイールベースを短くすることができ、ミニクーパーやフォルクスワーゲンといったスモールコンパクトカーのボディーを搭載できるようになります。
ミニッツ MR-015 HMタイプに搭載できるボディーの一例
MINI-Z MR-015 MINI-Z MR-015
ミニクーパーS フォルクス ワーゲン ゴルフGT
MINI-Z MR-015 レディセット以外で揃えるものは?
MINI-Z MR-015 MINI-Z MR-015はレディセットで販売されています。
ちなみにレディセットの意味は、組み立て作業が不要で、購入後すぐに走行させることができるという意味です。その為、車はすでに組み立て済みになっており、プロポ(操縦機)も同梱されています。

ただ、プロポを動かすための単3電池が8本と、ミニッツ自体を動かすために単4電池が4本必要になります。

このミニッツを動かすための単4電池については、充電電池を使うことによってコストを抑えることができます。

MINI-Z MR-015は何分ぐらい走行できるの?
MINI-Z MR-015 ミニッツに使用する充電電池としてお勧めなのが、SANYOから販売されているエネループがお勧めです。

このエネループは繰り返し約1000回使うことができ、電流も安定して供給できることから、長時間安定して走行させることができます。

充電器にもよりますが、だいたい1~2時間でフル充電となり、ミニッツサーキットなどでフルに走行させても、30~40分は走行することができます。

2~3セット購入しておけば、ミニッツサーキットに行っても充分楽しむことができるでしょう!!

-MINI-Z

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

MINI-Z ボールデフを装着

キット附属のギアデフではコーナーリング中に内側のタイヤが浮いてしまうとトラクション抜けを起こしてしまいます。 そこで、コーナー立ち上がりをロス無く加速させるために、LSD効果を得ることができるボールデ …

no image

MINI-Z オイルダンパー装着

ミニッツに標準装備のリアサスペンションでは、リアのばたつきを抑えることができないため、さらなる安定したコーナーリングを求めるのであれば、オイルダンパーを使用します。 ミニッツのオイルダンパーはサイズこ …

no image

MINI-Z 車高を調整

ミニッツはフロント側とリア側の車高を専用のスペーサーを使うことによって好きな高さに変更することができます。 今回は京商から販売されている車高調整用のスペーサーを使いますが、各メーカーから販売されている …

no image

MINI-Z Tバーを交換

Tバーとは、ミニッツのシャーシーとモーターケースとをつないでいるパーツのことで、 上下運動とひねり運動を発生することができ、ミニッツのリアタイヤの動きを調整することができます。 具体的にはTバーの硬さ …

no image

MINI-Z フロントスプリングを交換

ミニッツのフロントサスペンションは左右に小さなスプリングが付いていて、そのスプリングの硬さによって走行特性を変えることができます。 交換といっても作業自体は難しくなく、コツを掴めばわずか数分で交換する …