ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

MINI-Z

MINI-Z オイルダンパー装着

投稿日:

ミニッツに標準装備のリアサスペンションでは、リアのばたつきを抑えることができないため、さらなる安定したコーナーリングを求めるのであれば、オイルダンパーを使用します。

ミニッツのオイルダンパーはサイズこそ小さなものですが、その性能は1/10クラスのオイルダンパーと変わらないほどの性能を持っており、装着すればその違いが容易に分かるでしょう。

ここではミニッツのオイルダンパーの組み込み方を説明したいと思います。

MINI-Z これがミニッツのオイルダンパーの外見です。
黄色が凄く目立ちます。
MINI-Z 開封時はオイルがシリンダーの中に入っていない状態になっています。その為この状態ではスプリングの力だけではストロークしてくれません。

でも、オイルを入れるとちゃんとスプリングの力だけでストロークするので心配しないで下さいね。

MINI-Z シリコンオイルを入れる際は、画像のようにスプリングを外した状態にしてあげると作業がしやすいです。
MINI-Z これがキット附属のシリンダーの中に注入するシリコンオイルです。
硬さは#200となっていて、このシリコンオイルの硬さを変える事で、さらにセッティングの幅が広がります。
MINI-Z シリンダーの中にシリコンオイルを注入します。
注入の際はできるだけシリンダーの中に空気を入れないように心がけてください。
MINI-Z オイルはめいいっぱい入れ、写真のように表面張力で浮き上がるぐらいまで注入します。
MINI-Z オイルを注入し終わったら、ピストンを上下させてシリンダーの中に溜まってしまった空気を抜き取ります。

もし、シリンダーの中に空気が入っていると、オイルダンパーが正常に動かないといった支障がでてきます。

MINI-Z 無事に空気を抜くことができましたら、ゴム製のダイヤフラムをシリンダーの上に乗せます。
MINI-Z 後は、キャップをしっかりと締めて漏れてしまったオイルを拭き取ります。

その後はスプリングを組みこめば完成です。
もうスプリングだけの力で押し戻すことができているでしょう。

MINI-Z キット附属のC型の黄色のパーツを使うことで、サスペンションの硬さを微妙に調整することができます。
MINI-Z オプションパーツのスプリングを揃えればさらに細かなセッティングが可能になります。
MINI-Z ミニッツシャーシーに取り付けた状態です。
フリクションとオイルダンパーの組み合わせで、最高のパフォーマンスを得ることができるでしょう!

-MINI-Z

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

MINI-Z ボールデフを装着

キット附属のギアデフではコーナーリング中に内側のタイヤが浮いてしまうとトラクション抜けを起こしてしまいます。 そこで、コーナー立ち上がりをロス無く加速させるために、LSD効果を得ることができるボールデ …

no image

MINI-Z 車高を調整

ミニッツはフロント側とリア側の車高を専用のスペーサーを使うことによって好きな高さに変更することができます。 今回は京商から販売されている車高調整用のスペーサーを使いますが、各メーカーから販売されている …

no image

MINI-Z Tバーを交換

Tバーとは、ミニッツのシャーシーとモーターケースとをつないでいるパーツのことで、 上下運動とひねり運動を発生することができ、ミニッツのリアタイヤの動きを調整することができます。 具体的にはTバーの硬さ …

no image

MINI-Z フロントスプリングを交換

ミニッツのフロントサスペンションは左右に小さなスプリングが付いていて、そのスプリングの硬さによって走行特性を変えることができます。 交換といっても作業自体は難しくなく、コツを掴めばわずか数分で交換する …

no image

MINI-Z タイヤとホイールを固定

通常MINI-Zのタイヤはホイールと固定されておらず、ただはめ込んだだけなので、高速コーナーを走行中にタイヤとホイールとが浮き上がり、車体がコーナー内側に巻き込むような症状が発生することがあります。 …