ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン初心者向けの情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

RCカーの速さに理論は必要?

      2018/04/10

「RCカーを速く走らさせるには経験だよ」と言う人もいれば、理論だててマシンの状態を説明しながら走れる人もいる。果たしてどちらが結果的に速く走れるのでしょうか?

答えをいうと、理論立ててマシンの状態を説明できる人が最終的には上り詰めることができます。感覚で速い人はいずれ頭打ちをします。

イニシャルDを見たことがある人なら、なんとなく分かってもらえるかもしれませんが、経験で速いのは拓海で、理論立てて走っているのが高橋涼介です。最終的には、拓海も高橋涼介の英才教育のなかで最速理論を理解していきますので、本当に速いドライバーへと進化していきます。

画像引用元:https://goo.gl/6xJCjH

RCカーレースで勝ちたいのであれば、ドライビングテクニックを極めて、かつ、物理の法則を理解した最速理論をマスターしないといけないのです。

 

速さの方程式

僕は速さには以下の方程式があると思っています。

速さ=ドライビングテクニック×最速理論

ドライビングテクニックだけでは、どうしても頭打ちしてしまいます。それはRCカーはマシンを使って競争をするためだからです。ですからどれだけ天才的な才能をもったドライバーでも、腕だけでは勝てないのがRCカーなのです。

 

自己流のドライビングでは速くならない

自己流でむやみにスロットルを踏み込み、勢いだけで走る姿は一見速く見えるかもしれませんが、それはただタイヤがスライドしているだけで、せっかくのパワーを無駄に使っているだけです。

たしかに見ている印象としては賑やかで速く感じるかもしれませんが、実際にタイムを測ってみると大したことはありません。ですが多くの人が、この錯覚に気づかずに無謀なレースを行っているのが現状です。

それよりも、車の基本運動である「走る、止まる、曲がる」という物理の法則を理解し、考えながら、マシンセッティングをしていくことが、なによりも大切なことなのです。