ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

RCカー入門

RCカーのノーコンって何?

投稿日:2018年3月31日 更新日:

ノーコンとは、「ノーコントロール」の略で、ラジコンカーが自分の意思に反して動いてしまい、コントロールができなくなってしまう状態のことを言います。
当然ラジコンカーはどこへ走っていくか分かりません。そして最も危険なのが全開状態でのノーコンです。

現在のラジコンカーはノーマルの状態でもかなりの速度で走ることができますので、この状態で壁に激突すれば、ラジコンカーは壊れてしまいますし、人に当たってしまったら大怪我を負わせる危険性もあります。

ラジコンカーを楽しむ前には必ず、ノーコンは危険なものという認識をもっておいてくださいね。

どんなときにノーコンになるの!?

ノーコンの原因として考えられるのは、同じ周波数の電波が入ることや、受信機電源の充電不足、配線などのレイアウトによるノイズの影響、配線抜けなどが考えられます。

このことから、ノーコンの原因はいろいろありますが、そのほとんどが未然に防げるものばかりです。

電波の混信 同じ周波数が入ってしまった状態。
バンドをしっかりと確認しあえば防ぐことができます。
メカノイズ要因 アンプやモーターなどからの発生するノイズによるもの。
メカの配置位置や配線を見直すことで改善される場合が多い。
バッテリー残量不足 主に受信機バッテリーの電圧不足によるもの。
電池交換や充電しなおすことで未然に防ぐことができます。
整備不良 配線等がギアなどに触れ断線してしまったり、コネクターの接触不良などが原因で発生します。

ノーコン対策

・バンド確認

サーキットや駐車場など、複数のラジコンカーを走らす場合は、お互いに使用するバンドの確認をしっかりとしましょう。バンドは絶対に被らないように注意してくださいね!サーキットなどでは、バンドを管理するボードがありますので、走行前に必ず確認しましょう。

・メカ類のレイアウト

受信機などのコードを余ったままにしておくと、走行中に路面と擦れたり、駆動部分に巻き込んだりして断線を引き起こすことがあり、それが原因でノーコン状態になることもあるので、綺麗に束ねておきましょう。また、受信機からのびるアンテナは、モーターやバッテリーの上を通らないように配線しましょう。

ビヨ~んと伸びっぱなしの配線は路面や駆動部分に巻き込まれ断線の原因に!!
綺麗にまとめられた配線は見た目にもスッキリ!ノーコン防止にも効果的です

アンテナの加工は禁物

受信機についているアンテナケーブは意外と長いもので、アンテナパイプからダラリとのびる場合が多く、スケール感を損ねる原因になってしまうのですが、だからといってこのアンテナケーブルを切ってしまいますと、受信感度が落ちノーコンの原因になりやすくなってしまいますので、絶対に切らないようしてください。

組み込み確認

ノーコンは組み込みミスによる初歩時なものが原因で起こることが多いです。
走行前には、コネクターやクリスタルの組み込み状態を確認しましょう。

クリスタルの押し込み不足といった初歩的なミスが原因でノーコンになることも

 

ノーコン対策アイテム

ノーコン防止対策として有効的なアイテムを紹介していきます。

フェイルセーフユニット
同じ電波が入った場合や、マシンの以上を察知するとマシンを止め暴走を防止するアイテム。
受信機のバッテリー量が減った場合も動作するので、ノーコン対策に非常に効果的なアイテムです。
受信機用のバッテリー

通常受信機は単三電池を使用しているのですが、受信機用のバッテリーに交換することで安定した電圧が供給できる上に容量が大きいので長時間の走行が可能になり、ノーコンにも効果的です。

初期費用が高くつきますが充電式のため何回も利用することができ、長い目でみれば単三電池より経済的です。
また何個か用意しておくと丸一日走行することが可能です。
クッション性の高い両面テープ

走行中のラジコンカーにはかなりの振動が伝わっており、これが原因で受信機やクリスタルが壊れることもまれにあります。またクラッシュなどした際にはかなりの衝撃が伝わりメカ類にダメージを与えてしまいます。

この振動や衝撃を少しでも弱めるために使用するのが、クッション性の高い両面テープです。
この両面テープは厚みがあり、スポンジのような弾力性があるので、振動や衝撃をある程度吸収してくれ、ノーコンを未然に防いでくれます。

正しいプロポの持ち方

プロポの持ち方次第で電波の強さが変わってきます。その為間違った持ち方をするとノーコンの原因になってしまう場合がありますので、ここでは正しいプロポの持ち方をお伝えしたいと思います。

プロポの持ち方は人様々ですが、基本的にはアンテナをいっぱいまで伸ばし、できるだけまっすぐになるようにします。またプロポは体に近づけるほど電波が強くなる傾向にあるので、プロポを体から離して持つことは避けましょう

①正しいプロポの持ち方 ②間違ったプロポの持ち方 ③間違ったプロポの持ち方

正しい電源の入れ方

電源を入れるときは必ずプロポ側から電源をいれます。
これを守らずにラジコン側から電源を入れてしまうと、受信機が電波の確認をできずに暴走してしまうことがあります。

逆に電源を切る際はRCカー側からきり、その後プロポ側の電源をきります。
この順番を間違えるだけでノーコン状態になってしまうこともあるので、必ず守ってくださいね。

 

 

-RCカー入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラジコン(RCカー)ってなに?

ラジオ コントロール(英: Radio Control 頭文字を取ってRC)のことで、 操縦者からの指示を、電波によって伝達し、その指示に従い動作する装置のことです。略称はRCもしくはR/C。 ひとく …

no image

RCカーで遊ぶ前に

ラジコンとひとくちにいってもいくつかの種類があります。 この中から自分にあったラジコンカーを選ぶには、まずどういう風に遊びたいかを考えなければなりません。 これを考えておくことで、自分にあったラジコン …

no image

RCカーの種類

ラジコンカには、実に様々な種類があります。ここではその代表的なものを紹介します。 ラジコンカー 子供からお年寄りまで幅広い年齢層に人気があります。乾電池で走るものから、エンジンで走るのもまで、ありとあ …

no image

RCカーとトイラジコンの違い

この記事では、模型屋さんで売っているRCカーと、おもちゃ屋さんで売っているトイラジコンについて解説していきます。 まずどちらも広義で言うと「ラジコン」ではありますが、似て非なるものであります。 分かり …

no image

これからRCカーを始める人にオススメなシャーシー選び

プロポ、アンプ、バッテリーの意味がよく分からない、、、でもこれからラジコンを始めたい! そんな初心者はどんなシャーシーを選べばいいのでしょうか? 本当、これは一番多い質問になると思います そこで、ずば …