ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

RCカー入門

初めてのRCカーサーキット走行

投稿日:2018年3月31日 更新日:

画像引用元:https://goo.gl/rYBYKm

サーキットデビューへの道

初めてRCカーサーキットを走るときは、ほぼ貸切状態のように空いているサーキットで周りを気にせずにのびのび走りたいものです。しかし、会社員の方であれば平日に休みをとって走りに行くというのはなかなか難しいものです。週末はどこのサーキットも混雑しているものと思い込んでいませんか?実は週末でも結構空いている日があるのです。それはレースのあった1週間後。週末にサーキットデビューをするのならこの日が狙い目です。

マシンの整備、バッテリーの準備、工具などの準備が整ったら、シェイクダウンに都合のいいサーキットの走行スケジュールを入手しましょう。多くのRCサーキットにはホームページが開設されており、イベント日程表を掲載しています。確実性を持たせるのなら前日に電話で問い合わせしておくのがいいでしょう。いざサーキットに行ってみたら貸切走行日だった。。。なんてことがないように、狙いを付けた日が一般走行ができる日なのかどうかを確認しておきましょう。

サーキットによってはビギナー向けの走行時間枠を設けているところもあります。こういう時間帯を利用すれば、より安心して走行することができます。サーキットのなかには会員になっていないと走行できないところもありますので、事前に確認をしておくとよいでしょう。

その他の注意点としては、1/8サイズのRCカーは走行できなかったり、エンジンカー走行不可、タイヤのグリップ剤使用不可など、サーキット独自のルールもありますので、こちらも事前に確認しておきましょう。

 

サーキット到着~走行までの流れ

サーキットに着いたら受付をします。受付では誓約書を兼ねた申込書に必要事項を記入する場合があります。この誓約書には、万が一事故がおきたときの責任や注意事項などがかかれているので、よく読んでから記入するようにしましょう。

※サーキットによってはコースライセンスや会員登録が必要な場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

この申込書の記入が終わったら、次は料金の支払いです。サーキットによって様々ですが、1時間毎、3時間毎、半日、1日といった料金設定をしているところが大半です。

受付を済ますと走行できるようになりますが、すぐに走り始めるのではなく、RCカーを走らせる前には必ず各部の点検をしておきます。

 

サーキット走行中の優先権

一般道だと直進車両が右左折車両より優先。全ては安全のため。この優先権についてこだわるのはあまり意味のないことだと思います。ルールやマナーというのは、事故を防ぐためにあるのであって、仮にルール通りではなかったとしても、それによって安全が確保されるのであればそれに見合った行動をとるべきです。ですから、危険だと思えば自ら徐行、停止をするようにしましょう。

とくにスピード差が激しいピットロードを抜ける際は注意が必要です。初めのうちはコースインした位置から進路変更をせず(イン側からコースインしたのならイン側、アウト側からコースインしたらアウト側のままキープ)、スロットルをゆっくりと握って周回するようにします。

初めてのサーキット走行では、周りのRCカーがみんな速いと錯覚しがちになります。かといってその邪魔にならないように気を使ってばかりいては、自分の走りに集中することができません。それに気を使ってばかりいてはスロットルを踏み込めなくなり、かえって周りに邪魔者扱いされてしまいます。こうなってしまうと恐怖心ばかりが芽生えて、へたくそのスパイラルに堕ちていってしまいます。

そうならないためにもサーキットでの優先権を覚えておきましょう。RCサーキットでは常に前を走っているマシンが一番偉いのです。またコーナーに入るときはイン側にいるRCカーがそのコーナーの優先権があるのです。このルールは、ビギナー、上級者に関わらず誰にでもあてはまります。

 

サーキットのルールとマナー

サーキットに走ることが慣れてきたら、次のステップとしてアウト・イン・アウトの走行ラインを意識して走ってみましょう。最初は「こんなに大回りで走ると遅くなるんじゃない?」と思うかもしれませんが、速い人はみんなアウト・イン・アウトで走っています。まずは「守破離」の言葉通り速い人の走りを真似するところからはじめましょう。当然、サーキットで走っていると速い人が迫ってきます。そのようなときは変にラインを変えることなく、アウト・イン・アウトで走行しましょう。ベテランドライバーはすっと抜いて行ってくれます(笑)

もうひとつ覚えておきたいことは、スピンやクラッシュなどでコース上に止まってしまったときです。初心者のなかには、コース上で止まってしまうことで焦り、後続車に迷惑がかからないようにバックしたり、走行ラインから外れようとしますが、逆にそのような行為は危ないです。もしコース上で止まってしまった場合は「止まってまーす!」と大声で言い、素直に抜いて行ってもらいましょう。そしてあきらかに後続車がいない状態になってからコース復帰をしましょう。

次にパドックでのマナーです。サーキットについてまずやることは、パドックに自分のスペースを陣取ることです。スペースを確保できたら、テーブル、充電器、工具、備品などをセットし、RCカーが走れる状態にまで整備します。これは初心者だと手間と時間がかかるものなので、事前にある程度組み立てておき、パドックでは最低限の手間だけで走れるようにしておくとよいでしょう。走行の準備ができたら受付を済まします。

一日の締めくくりはRCカーの清掃です。とくにエンジンRCカーはガソリンや排気ガスなどによって、ベトベトに汚れているので念入りに清掃します。最後に使い終わったパドックの清掃もしておきましょう。

-RCカー入門

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラジコン(RCカー)ってなに?

ラジオ コントロール(英: Radio Control 頭文字を取ってRC)のことで、 操縦者からの指示を、電波によって伝達し、その指示に従い動作する装置のことです。略称はRCもしくはR/C。 ひとく …

no image

RCカーで遊ぶ前に

ラジコンとひとくちにいってもいくつかの種類があります。 この中から自分にあったラジコンカーを選ぶには、まずどういう風に遊びたいかを考えなければなりません。 これを考えておくことで、自分にあったラジコン …

no image

RCカーの種類

ラジコンカには、実に様々な種類があります。ここではその代表的なものを紹介します。 ラジコンカー 子供からお年寄りまで幅広い年齢層に人気があります。乾電池で走るものから、エンジンで走るのもまで、ありとあ …

no image

RCカーとトイラジコンの違い

この記事では、模型屋さんで売っているRCカーと、おもちゃ屋さんで売っているトイラジコンについて解説していきます。 まずどちらも広義で言うと「ラジコン」ではありますが、似て非なるものであります。 分かり …

no image

RCカーのノーコンって何?

ノーコンとは、「ノーコントロール」の略で、ラジコンカーが自分の意思に反して動いてしまい、コントロールができなくなってしまう状態のことを言います。 当然ラジコンカーはどこへ走っていくか分かりません。そし …