ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

ドライビングテクニック

RCカーの荷重移動

投稿日:2018年3月31日 更新日:

今回はラジコンカーをより速く走らせるための技術的なお話をします。
少々小難しい内容なのですが、知っておいて損は無い事なのでしっかりと覚えておきましょう。

ラジコンカーには前に進むためのアクセルと、止まるためのブレーキの2種類がありますが、アクセルやブレーキは単に加速と減速をしているわけではありません。
加速状態の時はリア(後輪)、減速状態の時はフロント(前輪)に荷重変化しているのです。

減速時 加速時
ラジコンカーの加重移動 ラジコンカーの荷重移動
車両フロント部に荷重がかかっている状態 車両リア部に荷重がかかっている状態

この荷重変化が、ラジコンカーを速く走らせるために非常に重要になってきます。
それは、荷重のかかったタイヤはより大きなグリップ力を発生させるからです。

ブレーキングでフロント荷重になったときにステアリングを切れば、ラジコンカーはスムーズに向きを変え、加速でリア荷重とすることで余計なスライドも抑えることができます。

よって、積極的な荷重コントロールこそが、ラジコンカーを速く走らせるポイントになります。
そのため、加速と減速のどちらもだらだらとしているようでは決して速く走ることはできません。

また、アクセルとブレーキのどちらも決して一気に踏み込んではいけません。

コーナーリング中にアクセルを急に踏み込むと、エンジン又はモーターの出力に対してタイヤのグリップ力が耐え切れずマシンは大きくテールスライドしてしまいます。
そしてこの現象がひどくなるとスピンしてしまうことになります。

たとえスピンまで至らなくてもコーナー立ち上がりでのテールスライドはタイムロスの原因になってしまいます。

これを防ぐためには、タイヤのグリップ力を感じながらアクセルを開けていけばいいのですが、だからといってゆっくりとアクセルを開けていてはタイムアップは望めません。

結局のところ、もうこれは練習でしか身に付かないないのですが、練習の際には是非いろいろなアクセルの開け方を試してみてください。

次にブレーキなのですが、これも一気に踏み込んではいけません。
仮に一気に踏み込んだ場合はタイヤがロックしてしまいスピンしてしまう原因になります。

ブレーキのかけ方の基本は、
ブレーキのかけ始めは、効きを確認するようにジワっと踏み、その後さらに踏み込んでいくことです。

そのときもタイヤがロックしないギリギリの強さで踏み込んでいくと、ブレーキの効果を最大限に得ることができますので頑張って練習して習得できるようになりましょう。

さらに、踏み初めから踏み込むまでは、最大限短時間で行わなければいけません。

アクセル操作もブレーキ操作も、初めはなかなか上手くできないかもしれませんが、これらが上手くできないとラジコンカーを速く走らすことはできませんので、頑張って練習してください。

 

車重の前後バランス

横Gなどでタイヤに重さがかけられると路面に強く押し付けられるため、グリップ力が高まります。これを応用して、前輪と後輪のどちかにより車重を載せやすくするのかを調整することによって、ステアリング特性を調整することもできます。キットで購入したRCカーの場合であると、その車重を100とした場合、前輪35~45、後輪65~55ぐらいの割合の重量配分になっていることが多いです。走行用バッテリーなどの重いものを前よりにのせれば前輪への重量配分が多くなり、前輪のグリップ力を高められます。逆に後ろ寄りにすることで後輪のグリップ力を高めることができるようになります。

-ドライビングテクニック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

RCサーキット走行で体験する「自然の法則」

画像引用元:https://goo.gl/rYBYKm RCサーキットは何本かのストレートとコーナーとを組み合わせて周回できるように作られています。サーキットを構成するストレートの長短や、コーナー半径 …

no image

RCカーを速く走らせるために必要なこと

僕がRCカーと関わりはじめてから20年余りが経ちました。最初の10年はエンジンカーを、その後の10年は余りの年は電動カーを、レースを通じて多くの経験をすることができました。 地元のサーキットでは輝かし …

no image

RCカーのドライビングテクニック

ラジコンを速く走らせるには走行ラインが非常に重要となるのですが、その走行ラインをどのように走らせるのか、というテクニック論も重要となります。これから紹介するテクニックはどれも荷重移動を巧みに使った方法 …

no image

コース全体を考えたRCカーのライン取り

サーキットでのコーナーはすべて「アウト・イン・アウト」で走れる訳ではありません。 それはサーキットのレイアウトによって変わってくるのですが、ほとんどのサーキットでは複合コーナーというものがあるためです …

no image

RCカーのライン取り

ラジコンサーキットを走る場合は基本的にどこを走っても問題ないのですが、速く走るためには適切な道筋で走行しなければタイムアップは望めません。 サーキットで走っているラジコンカーを見ていただくと分かるかと …