ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

ドライビングテクニック

RCカーのコーナーリング

投稿日:2018年3月31日 更新日:

通常ラジコンサーキットは直線部分とコーナー部分から構成されています。ということはラジコンカーは直進状態と、左右に曲がっている状態を繰り返していることになりますよね。割合的には曲がっているほうが多いのですが・・・。

そのため、ラップタイムを縮めるのにはコーナー区間を速く走り抜けなければいけません。
コーナーを速く立ち上がることができれば、その後に続くストレートの部分にスピードがのり、タイムアップするというわけです。

このときのコーナーリングの秘訣は、ラジコンカーが進みたい方向を見るということです。

これはラジコンカーに限らず、他のスポーツでもそうなのですが、人間は見ている方向に進むという特性もっているためだからです。といっても、なかなか初めからは難しいと思いますが、できるだけ意識して先を見る癖を身に付けるようにしましょう。

具体的には、コーナーに入る前まコーナーのクリッピングポイントを見て、クリッピングポイントを抜けてからは、次のコーナーのクリッピングポイントをみることです。
※クリッピングポイントとは、コーナーで一番インにつくポイントのことです。

第一、ラジコンカーばかり見ているようでは、目の前での状況が分からず、とっさのアクシデントに巻き込まれてしまいかねません。ラジコンカーの上級ドライバーはコース全体を見渡しながら走行させていると言われています。

ぜひ、心がけてみましょう!

 

コーナーリングの基本

ヘアビンなど減速が必要なコーナーの攻略ポイントは「スローイン・ファーストアウト」です。
コーナー進入時にしっかりとスピードを落としてからターンインし、コーナーの頂点(クリップ)を超えた時点から「じわっ」とスロットルを握るようにします。

しかし、このスローインは何度言ってもできない人が多いです。

というもの、体感的にはファーストイン、コーナー進入時に猛スピードで進入した方が速く感じてしまうからなのです。ですが、速い人(レースで上位をいつも走っている人)の走行をよく観察してみて下さい。

決して進入速度は高くないはずです。それよりもしっかりと減速をして、綺麗なコーナーリングラインを描いていると思います。

進入スピードが高いと、コーナーリング中に速度を落とさないといけず車のバランスも不安定になります。そのような状態では加速するタイミングが遅れ気味になり結果、スローインよりも遅くなってしまうのです。

 

コーナーリングは加速重視で!

ラジコンサーキットは、直線とコーナーとの組み合わせです。
いかなるサーキットでもメインストレートと呼ばれる長い直線があります。
この直線をいかに速いスピードで走りきるのかが重要となり、そのためにはコーナーの立ち上がりが重要となります。

-ドライビングテクニック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

RCサーキット走行で体験する「自然の法則」

画像引用元:https://goo.gl/rYBYKm RCサーキットは何本かのストレートとコーナーとを組み合わせて周回できるように作られています。サーキットを構成するストレートの長短や、コーナー半径 …

no image

RCカーを速く走らせるために必要なこと

僕がRCカーと関わりはじめてから20年余りが経ちました。最初の10年はエンジンカーを、その後の10年は余りの年は電動カーを、レースを通じて多くの経験をすることができました。 地元のサーキットでは輝かし …

no image

RCカーのドライビングテクニック

ラジコンを速く走らせるには走行ラインが非常に重要となるのですが、その走行ラインをどのように走らせるのか、というテクニック論も重要となります。これから紹介するテクニックはどれも荷重移動を巧みに使った方法 …

no image

コース全体を考えたRCカーのライン取り

サーキットでのコーナーはすべて「アウト・イン・アウト」で走れる訳ではありません。 それはサーキットのレイアウトによって変わってくるのですが、ほとんどのサーキットでは複合コーナーというものがあるためです …

no image

RCカーのライン取り

ラジコンサーキットを走る場合は基本的にどこを走っても問題ないのですが、速く走るためには適切な道筋で走行しなければタイムアップは望めません。 サーキットで走っているラジコンカーを見ていただくと分かるかと …