ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

ドライビングテクニック

RCカーのライン取り

投稿日:2018年3月31日 更新日:

ラジコンサーキットを走る場合は基本的にどこを走っても問題ないのですが、速く走るためには適切な道筋で走行しなければタイムアップは望めません。

サーキットで走っているラジコンカーを見ていただくと分かるかと思うのですが、どのラジコンカーも同じような道筋を走っているのが分かると思います。

これはラジコンカーに限らず、実車のレース界でも言えることなのですが、サーキットをもっとも効率よく走らせるための手段なのです。

この道筋をレース界ではラインと呼んでいます。

それではこのライン取りについて、もう少し詳しく説明していきます。
まず、「アウト・イン・アウト」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

これは、コーナーに対してアウトからアプローチし、徐々にイン側により、クリッピングポイントから再びアウト側めがけて立ち上がるというライン取りで、もっとも基本的なライン取りのだと言われています。

ラジコンカーのライン取り
アウト・イン・アウト

では、なぜ「アウト・イン・アウト」が基本とされているのでしょうか?
同じスピードならば、短い距離のほうが短時間で走りきることができますよね?

それならば、サーキットで最も短い距離となるラインを走ればいいことになり、コーナーとコーナーの間は最短距離の直線で結び、コーナーリングもイン側を走ればいい。

そう考えても不思議ではないですよね。

ですが、それがゆっくりと走るのなら一番いいラインになるのですが、速く走るとなると、そのラインでは難しくなってきます。なぜなら速く走ることと小さく曲がることは相反することだからです。

物理的な話になりますが、ラジコンカーがコーナーを曲がるときには、そのラジコンカーには速度の二乗に比例し、コーナー半径に反比例する遠心力が働くことになります。

つまり、速度が速くなるほど、コーナー半径が小さくなるほど、ラジコンカーに加わる遠心力は強くなってしまうのです。

ところが、タイヤのグリップには限界があり、遠心力がグリップの限界を超えてしまっては、ラジコンカーはアウト側に飛び出してしまいます。

そこで、速度が速くなるほど、コーナー半径を緩くする、すなわち大きく曲がらなければいけなくなります。その結果が「アウト・イン・アウト」になるのです。

「アウト・イン・アウト」で走ることにより、このコーナーの半径よりも大きな曲率で曲がりこんでいくため、回転半径を大きくとり、遠心力を小さくすることができます。

結果、その分だけ、タイヤのグリップにも余裕が生まれ、スピードを高めて走行することが可能になるということです。

-ドライビングテクニック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

RCサーキット走行で体験する「自然の法則」

画像引用元:https://goo.gl/rYBYKm RCサーキットは何本かのストレートとコーナーとを組み合わせて周回できるように作られています。サーキットを構成するストレートの長短や、コーナー半径 …

no image

RCカーを速く走らせるために必要なこと

僕がRCカーと関わりはじめてから20年余りが経ちました。最初の10年はエンジンカーを、その後の10年は余りの年は電動カーを、レースを通じて多くの経験をすることができました。 地元のサーキットでは輝かし …

no image

RCカーのドライビングテクニック

ラジコンを速く走らせるには走行ラインが非常に重要となるのですが、その走行ラインをどのように走らせるのか、というテクニック論も重要となります。これから紹介するテクニックはどれも荷重移動を巧みに使った方法 …

no image

コース全体を考えたRCカーのライン取り

サーキットでのコーナーはすべて「アウト・イン・アウト」で走れる訳ではありません。 それはサーキットのレイアウトによって変わってくるのですが、ほとんどのサーキットでは複合コーナーというものがあるためです …

no image

RCカーのコーナーリング

通常ラジコンサーキットは直線部分とコーナー部分から構成されています。ということはラジコンカーは直進状態と、左右に曲がっている状態を繰り返していることになりますよね。割合的には曲がっているほうが多いので …