ラジコン・RCカーの総合ポータルサイト:ラジナビ

役に立つラジコン情報サイト、一般向けのラジコンの情報から、RCカーの専門分野の解説まで幅広い情報を提供しています。

ドライビングテクニック

RCカーのドライビングテクニック

投稿日:2018年3月31日 更新日:

ラジコンを速く走らせるには走行ラインが非常に重要となるのですが、その走行ラインをどのように走らせるのか、というテクニック論も重要となります。これから紹介するテクニックはどれも荷重移動を巧みに使った方法になります。

 

四輪ドリフト

コーナー進入時に減速と同時にステアリングを切り、後輪タイヤをテールスライドさせ車体がイン側を向いたらステアリングを元に戻しつつパワーオン。前後四輪共をスライドさせながらコーナーを抜けるテクニックです。ツーリングカータイプの四輪駆動車やF1など後輪駆動車によく使われるテクニックです。

 

タックイン走行

FF(前輪駆動)マシンでコーナーを素早く走らせるためのテクニックです。TAMIYAのMシャーシが該当します。

コーナー奥まで直線的に突っ込み、パワーオフと同時にステアリングを切り、車体の向きが変わったらステアリングを戻しつつスロットルを入れてコーナーを抜けていきます。

 

カウンターステア

四輪ドリフトやタックイン走行でパワーを掛け過ぎたり、ステアリングを戻すタイミングが遅れたりした場合や、滑りやすい路面でオーバースピードでコーナーに進入してしまった場合には、後輪が滑り出します。

この時にマシンのスライドと反対方向にステアリングをきってマシンの横滑りを抑えるテクニックを「カウンターステア」と呼びます。

ストレートエンドから鋭角に進入するコーナーリングを行う場合に使用するテクニックではありますが、コーナーリングは遅くなるので、追い抜きを掛ける時や、コーナーリングアプローチが失敗した際に使うテクニックと言えます。

 

ストッロルオフ・オンによる荷重コントロール

RCカーが一定の速度で走っている時は、前輪と後輪にそれぞれ一定の割合で車重がかかっていますが、減速時には慣性の法則によって前輪に車重が掛かりやすくなります。

ここで減速時と言いましたが、減速にはブレーキを掛けることはもちろん、スロットルを「パンッ」とOFFにするだけでも前輪に荷重が移動します。前輪に荷重が移動するとステアリングの利きが良くなります。逆に加速時には後輪に荷重の割合が大きくなるのでステアリングの利きが鈍くなります。

四輪ドリフトもタックインも、このパワーオン、パワーオフによる荷重移動を積極的に利用したテクニックになります。

 

追い抜きのポイント

ラジコンレースでは相手の車を一つでも多く抜くことが求められます。しかし一番クラッシュになる確率が高いのが追い抜き時になります。少しでもリスクを減らすことができるように上手な追い抜き方法を理解しておきましょう。

 

コーナーではインを狙う

追い抜きのポイントはなんと言ってもコーナー進入時にインを差す事!具体的には追い抜きを掛けるコーナーの一つ手前から立ち上がり重視のラインを描き、ストレート部分で加速を付けて相手車両よりも速度が伸びていれば、次のコーナーの進入時に追い抜くことができます。

追い抜きのコツは、普段の走行よりもほんの少しだけスロットルオフのタイミング(ブレーキのタイミング)を遅らせるようにするだけで追い抜きをかけることができます。慣れない内は進入速度の微妙な調整ができずオーバースピードで進入してしまい、かえって後続車両に追い抜かれてしまうことがあります。

これは何度も練習中に体感して覚えるしかありません。普段の練習走行で追い抜きの進入速度調整の練習をすることです。

何度も何度も繰り返し練習することで、本番でも緊張せずに追い抜きをかけることができます。

 

スタート時はクラッシュになる可能性が一番高い

数台、場合によっては十数台のラジコンカーが同時に全速力で走りだすスタート時は、レースの中でも圧倒的にクラッシュが発生するときです。とくにスタートから第一コーナーまでの距離が短い場合は、車同士の間隔が開かない状態で全車が進入してくるので要注意です。

スタート時にジャンプアップを狙うのはかなりリスクが高いので、慎重に周りの車の状況を見てから追い抜くようにしましょう。

普段の練習時にもスタートの練習はしておいた方が良いでしょう。レースのスタートは、ホームストレートの真ん中から走り出します。そのため速度感が分からずに、第一コーナーの進入速度がオーバースピードになってしまうことが多いです。逆に第一コーナーの進入速度が遅すぎる場合は後続車両から追突される可能性があります。

 

追い抜きのポイント

スピード差がある場合は、直線での追い抜きが最も安全です。追い抜きができると判断したら早めに次のコーナーのイン側につけるように走行ラインを変更し追い抜くようにします。また追い抜いた直後は相手のスピンや走行ラインの乱れから接触に巻き込まれる可能性があります。

 

接触でバランスを崩したら

追い抜き中に相手と接触をしバランスを崩してしまったら、まずストロットルオフにしてスピードを落とします。ステアリングだけで修正しようとすると余計にバランスを崩してスピンや、コースアウト、壁面衝突など余計にタイムロスをしてしまう可能性が高まります。スピードを落として車が安定してから加速するようにしましょう。

-ドライビングテクニック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

RCサーキット走行で体験する「自然の法則」

画像引用元:https://goo.gl/rYBYKm RCサーキットは何本かのストレートとコーナーとを組み合わせて周回できるように作られています。サーキットを構成するストレートの長短や、コーナー半径 …

no image

RCカーを速く走らせるために必要なこと

僕がRCカーと関わりはじめてから20年余りが経ちました。最初の10年はエンジンカーを、その後の10年は余りの年は電動カーを、レースを通じて多くの経験をすることができました。 地元のサーキットでは輝かし …

no image

コース全体を考えたRCカーのライン取り

サーキットでのコーナーはすべて「アウト・イン・アウト」で走れる訳ではありません。 それはサーキットのレイアウトによって変わってくるのですが、ほとんどのサーキットでは複合コーナーというものがあるためです …

no image

RCカーのライン取り

ラジコンサーキットを走る場合は基本的にどこを走っても問題ないのですが、速く走るためには適切な道筋で走行しなければタイムアップは望めません。 サーキットで走っているラジコンカーを見ていただくと分かるかと …

no image

RCカーのコーナーリング

通常ラジコンサーキットは直線部分とコーナー部分から構成されています。ということはラジコンカーは直進状態と、左右に曲がっている状態を繰り返していることになりますよね。割合的には曲がっているほうが多いので …