僕が行ったリハビリ

嚥下障害を克服するために僕がした”たった1つのこと”

投稿日:2020年5月29日 更新日:

無題

急性期の脳卒中患者の半数にみられる合併症で、嚥下障害というものがあります。嚥下障害を簡単に説明すると、食べ物を上手に飲み込めず、間違って肺に入ってしまう状態のことを言います。僕も例にもれず、嚥下障害を発症しました。

この嚥下障害は、急性期(7日後)には約50%にみられる合併症であると言われています。なお2週間後には約10~20%程度にまで減少すると言われていますが、僕の場合はなかなか症状が治まりませんでした。結局は2ケ月ほど嚥下障害で苦しんでいました。

嚥下障害がでている間は、まったく飲食ができない状態となるため、鼻からチューブを入れて流動食を流し込んでいました。たしかに栄養は足りている状態なので死ぬことはありませんが、常に空腹状態なため、頭もぼーっとしていました。人間は口から飲食しないと生きる気力が湧きません。本当に辛かったです。

ですから、「入院中いちばん辛かったことは何ですか?」と聞かれると、間違いなく「嚥下障害」と答えます。それほど辛かった記憶があります。

結局、試行錯誤しながらですが、なんとか脳幹出血を発症してから約2ヶ月後に、嚥下障害をクリアすることができました。

嚥下障害のテストで食べたゼリーに食感の感動は、今でも決して忘れることはありません。

 

「絶対に食べれるようになる!」と思い込む

結論:
僕が嚥下障害を克服するためにやっていたことは「絶対に食べれるようになる!」と思い込むことです。

病気は「病は気から」という語源から来ています。
僕は、本当にその通りだと思っています。

病気を治すのも自分の気持ち次第だし、病気にさせるのも自分の気持ち次第だと思います。この「病気」という言葉を作った昔の人はすごいな~っと思います。

早速本題ですが、僕は嚥下障害を患っていたときは、鼻からチューブを使って流動食で栄養を送ってもらっていました。

ただ、このときは4人部屋で入院していて、僕以外の3人は普通にご飯を食べることができていたんです。

そしてこの3人はベッドで食事をとるスタイルでしたのえ、朝・昼・晩の3食時は、良い匂いを嗅ぎながら、3人の粗食音を聞く羽目になったのです。

はっきり言って地獄でした。

こっちは水一滴も飲めず、米一粒も口にすることができずに、ただただ、空腹に打ちひしがれるような状態でした。

そのような状態でしたが、逆に「この~!絶対に食べてやるー!!」と見返したくなりました。

毎日暇があれば「絶対に食べられるようになる!」「絶対に食べられるようになる!」「絶対に食べられるようになる!」・・・・と頭の中でずっとつぶやいていました。

嘘みたいな話かもしれませんが、僕は嚥下障害に限らず、数々の後遺症を乗り越えてきましたが、その根底にはこの「絶対に乗り越えてやる!」という思い込み、確信があったのだと思います。

後、辛いかもしれませんが、大好物の食べ物の写真を目の前に置いたり、触ったり、匂いを嗅いで奮起させるのもいいでしょう。

また紙に「絶対に食べられるようになる!」「絶対に水を飲めるようになる!」と書いて、毎日その文字を見ることも効果的だと思います。