大切な人が脳卒中で倒れたら、、、

脳卒中で苦しんでいるあなたと、あなたの家族を、私の経験で救いたい

脳卒中は克服できる

嚥下障害を克服するために僕がやったこと

投稿日:2020年5月29日 更新日:

急性期の脳卒中患者の半数にみられる合併症で、嚥下障害というものがあります。嚥下障害を簡単に説明すると、食べ物を上手に飲み込めず、間違って肺に入ってしまう状態のことを言います。僕も例にもれず、嚥下障害を発症しました。

この嚥下障害は、急性期(7日後)には約50%にみられる合併症であると言われています。なお2週間後には約10~20%程度にまで減少すると言われていますが、僕の場合はなかなか症状が治まりませんでした。結局は二カ月2ケ月ほど嚥下障害で苦しんでいました。

嚥下障害がでている間は、まったく飲食ができない状態となるため、鼻からチューブを入れて流動食を流し込んでいました。たしかに栄養は足りている状態なので死ぬことはありませんが、常に空腹状態なため、頭もぼーっとしていました。人間は口から飲食しないと生きる気力が湧きません。

そのため、水一滴も口にすることができない状況が続きました。本当に辛かったです。
ですから、「入院中いちばん辛かったことは何ですか?」と聞かれると、間違いなく「嚥下障害」と答えます。それほど辛かった記憶があります。

幸いにして発症から2ケ月ほど経ったあたりで、徐々に治まってきました。最初は、ゼリーからテストしていくのですが、2ケ月ぶりに食べたあの触感は今でも忘れることはありません。

 

嚥下障害を克服するために僕がやったこと

僕が嚥下障害を克服するためにやっていた、たったひとつのことがあります。それは、

この記事の続きを読む『こちら』をクリックしてください。
  
  

  
次のページ» リハビリ開始!(脳幹出血発症から20日)

病気を乗り越えた後の日常生活

目次

序章

脳動静脈奇形破裂による脳幹出血

意識がない患者に何をすればいい?

嚥下障害を克服するために僕がやったこと

リハビリをする上で最も大切にしないといけないこと

回復期のリハビリと維持期のリハビリの違いを理解することで、焦ることなく治療に専念できる

└・片麻痺を克服するために僕がやったこと

└・脳卒中によってダメージを受けた視力(視野障害・2重に見える・視力低下)を回復させた誰にでもできる目のリハビリ方法について

└・失語症、高次脳機能障害に効果があったリハビリ

なぜ、僕は脳幹出血と脳梗塞の後遺症を乗り越えることができたのか?

脳血管撮影検査の合併症で脳梗塞発症

家族の人も後悔しないために

お医者さんから嫌われる患者・家族の特徴

母直筆の71日間の闘病記録ノート

病気を乗り越えた後の生活

最後に

 
 

ご質問・お問い合わせフォーム
» 脳卒中で分からないことがあればご連絡ください