大切な人が脳卒中で倒れたら、、、

脳卒中で苦しんでいるあなたと、あなたの家族を、私の経験で救いたい

脳卒中は克服できる

リハビリをする上で最も大切にしないといけないこと

投稿日:2020年5月29日 更新日:

症状が安定してきたため、ベッドサイドでのリハビリではなく、リハビリ室でのリハビリが始まりました。ただ、自発呼吸が完全にできた状態でないため、酸素ボンベを付けた状態の移動となります。

時間になったので、リハビリの先生が僕の病室まで来てくれました。全然立ち上がることすらできない僕は、車椅子に抱っこしてもらう形で乗せてもらいますが、ここでまさかの気を失ってしまいます。血圧の低下が原因だったそうですが、もう車椅子に座ることすらできないほどに体力が落ちてしまっていたのです。

それから数日間は、筋肉量を少しでも増やして再挑戦です。ベッドサイドで足を動かしたり、おしりを上げるトレーニングを行いました。その結果、車椅子に乗ってリハビリルームまで辿り着くことができました。

 

汗をかくほどのリハビリ

リハビリ室での初めてのリハビリは、作業療法(OT)でした。
当初聞いていた作業療法(OT)とは、手先の動きをメインに僕生活をそつなくこなすことを目的としたリハビリだと聞いていましたが、実際はなかなか過酷なものでした。これはリハビリの先生の方針によって、結構変わってくるところなのかもしれませんが、毎回額に汗がかくほどの運動量でした。今思えば、最初はこれくらいの大変さがあっても良いのではないかと思っています。

 

リハビリをする上で最も大切にしないといけないこと

リハビリをする上で僕が最も大切にしないといけないポイントがあります。

それは、

この記事の続きを読む『こちら』をクリックしてください。
  
  

  
次のページ» 回復期のリハビリと維持期のリハビリの違い

病気を乗り越えた後の日常生活

目次

序章

脳動静脈奇形破裂による脳幹出血

意識がない患者に何をすればいい?

嚥下障害を克服するために僕がやったこと

リハビリをする上で最も大切にしないといけないこと

回復期のリハビリと維持期のリハビリの違いを理解することで、焦ることなく治療に専念できる

└・片麻痺を克服するために僕がやったこと

└・脳卒中によってダメージを受けた視力(視野障害・2重に見える・視力低下)を回復させた誰にでもできる目のリハビリ方法について

└・失語症、高次脳機能障害に効果があったリハビリ

なぜ、僕は脳幹出血と脳梗塞の後遺症を乗り越えることができたのか?

脳血管撮影検査の合併症で脳梗塞発症

家族の人も後悔しないために

お医者さんから嫌われる患者・家族の特徴

母直筆の71日間の闘病記録ノート

病気を乗り越えた後の生活

最後に

 
 

ご質問・お問い合わせフォーム
» 脳卒中で分からないことがあればご連絡ください