大切な人が脳卒中で倒れたら、、、

脳卒中で苦しんでいるあなたと、あなたの家族を、私の経験で救いたい

僕が行ったリハビリ

脳卒中によってダメージを受けた視力(視野障害・2重に見える・視力低下)を回復させた誰にでもできる目のリハビリ方法について

投稿日:2020年5月29日 更新日:

母から聞いた話ですが、脳幹出血で緊急搬送されたとき、ICUで入院しているときに、僕の両目はまるでメリーゴーランドのようにグルグルと回っていたそうです。

ICUを出たころには、グルグル回るのはおさまりましたが、すべてのものが二重に見えるようになってしまいました。右目と左目の黒目がまっすぐならない斜視にもなっていました。

目が不自由になると何かと不便で、率直に今後の僕生活が大変になるだろうなと感じたので、なんとかして治さないといけないと感じました。

しかし、目のリハビリは理学療法(PT:Physical Therapy)でも作業療法(OT:Occupational Therapy)でも言語聴覚療法(ST:Speech-Language-Hearing Therapy)でもないと言われましたので、仕方なく独自にあみだしたリハビリ方法を行いました。それが良かったのか、約2ヶ月後には元通りにまで回復することができました。

とは言ってもすべての症状が治ったのかと言うとそうでもなくて、眼振は後遺症として残ってしまいました。ただそれでも日常生活にそこまで支障はでていなく、車の運転もできているので、それはそれでOKなのかと考えています。

この記事では、僕が独自にあみだした目のリハビリ方法について解説いたします。

この方法は、脳幹出血を発症した際も、2年後に脳梗塞を発症した際にも使っていた方法なので、視力の後遺症に悩み苦しんでいる方は、参考になさってください。

僕がやったことは以下の3つです。

この記事の続きを読む『こちら』をクリックしてください。
  
  

  
次のページ» 失語症、高次脳機能障害に効果があったリハビリ

病気を乗り越えた後の日常生活

目次

序章

脳動静脈奇形破裂による脳幹出血

意識がない患者に何をすればいい?

嚥下障害を克服するために僕がやったこと

リハビリをする上で最も大切にしないといけないこと

回復期のリハビリと維持期のリハビリの違いを理解することで、焦ることなく治療に専念できる

└・片麻痺を克服するために僕がやったこと

└・脳卒中によってダメージを受けた視力(視野障害・2重に見える・視力低下)を回復させた誰にでもできる目のリハビリ方法について

└・失語症、高次脳機能障害に効果があったリハビリ

なぜ、僕は脳幹出血と脳梗塞の後遺症を乗り越えることができたのか?

脳血管撮影検査の合併症で脳梗塞発症

家族の人も後悔しないために

お医者さんから嫌われる患者・家族の特徴

母直筆の71日間の闘病記録ノート

病気を乗り越えた後の生活

最後に

 
 

ご質問・お問い合わせフォーム
» 脳卒中で分からないことがあればご連絡ください