僕が行ったリハビリ

目のリハビリテーション

投稿日:2020年5月29日 更新日:

母から聞いた話ですが、脳幹出血で緊急搬送されたとき、ICUで入院しているときに、僕の両目はまるでメリーゴーランドのようにグルグルと回っていたそうです。

ICUを出たころには、グルグル回るのはおさまりましたが、すべてのものが二重に見えるようになってしまいました。右目と左目の黒目がまっすぐならない斜視にもなっていました。

目が不自由になると何かと不便で、率直に今後の僕生活が大変になるだろうなと感じたので、なんとかして治さないといけないと感じました。

しかし、目のリハビリは理学療法(PT:Physical Therapy)でも作業療法(OT:Occupational Therapy)でも言語聴覚療法(ST:Speech-Language-Hearing Therapy)でもないと言われましたので、仕方なく独自にあみだしたリハビリ方法を行いました。それが良かったのか、約2ヶ月後には元通りにまで回復することができました。

とは言ってもすべての症状が治ったのかと言うとそうでもなくて、眼振は後遺症として残ってしまいました。ただそれでも日常生活にそこまで支障はでていなく、車の運転もできているので、それはそれでOKなのかと考えています。

この記事では、僕が独自にあみだした目のリハビリ方法について解説いたします。

この方法は、脳幹出血を発症した際も、2年後に脳梗塞を発症した際にも使っていた方法なので、視力の後遺症に悩み苦しんでいる方は、参考になさってください。

僕がやったことは以下の3つです。

  • 遠くの景色と手元の物を交互に見る
  • 眼球の筋肉をトレーニングする
  • コットンに付けた複合ミネラルをまぶたの上に乗せる

これらは、特別に難しいことでもないので、誰にもでも出来ると思います。
ただ、回復を信じてやり続けることができるのかどうかが大事かもしれません。

 

遠くの景色と手元の物を交互に見る

「アフリカの原住民は視力が6.0ある」「視力の低下は眼球に筋肉が弱まって調整できないからだ」
僕は視力に関してそのようなイメージを持っています。

ならば、遠くの景色と近くの景色を交互に見るトレーニングをすれば治るんじゃないかと、かなり安易な考え方ではあります、このトレーニングを開始しました。暇があれば手元のテーブルやペンを10秒ほど見た後に、窓の外から見える山やビルをじっと見るというリハビリを、一日に何十回も行いました。

ただし、このトレーニングのデメリットは、やりすぎると頭が痛くなってしまうことです。僕はだいたい1ヵ月ほどで効果があらわれてきました。

 

眼球の筋肉をトレーニングする

『3D視力回復』というジャンルの本を使ってのトレーニング法です。

ある焦点になったときに立体的に見える画像を使った視力回復を図るものです。筋肉を付けると物が楽に持てるのと同様、目もトレーニングをすることで見えやすくなる人もいるというのではじめました。

『3D視力回復』の見方には「平行法」と「交差法」というふたつの方法があるのですが、これらを交互に繰り返すことにより、。より効果的に筋力アップにつながると言われています。

「平行法」は比較的簡単にできましたが、「交差法」はコツを掴むまでに時間が掛かりました。なお「平行法」は飛び出たように、「交差法」は逆に凹んで見えます。「平行法」と「交差法」を交互に見ることがよいトレーニングになったと考えています。
そして一番大切なのは、コツコツと毎日やり続けることです。毎日五分を数セット行うことが良いと思います。

ただし、このトレーニングも、かなり目の筋肉を酷使するので、やりすぎると頭が痛くなってしまうことです。

 

微量ミネラルをまぶたの上に乗せる

親戚の叔父さんから紹介された微量ミネラルという飲料水。

微量ミネラルは飲むことはもちろん、毛穴からもミネラル分を摂取することができるため、僕はコットンに塗布してまぶたの上にのせるようにしていました。

僕はこの微量ミネラルの摂取が良かったと思っています。
これは筋トレ前にプロテインを飲むと同じようなことだと考えています。