大切な人が脳卒中で倒れたら、、、

脳卒中で苦しんでいるあなたと、あなたの家族を、私の経験で救いたい

僕が行ったリハビリ

片麻痺を克服するために僕がやったこと

投稿日:2020年5月29日 更新日:

僕は脳幹出血を発症した際に、左半身が麻痺に近い状態となってしまいました(完全に麻痺していた訳ではなく、頑張ればほんの少しだけピクリと動かすことができていた状態です)。

ですが2ケ月ほどでお茶碗が持てるようになり、それからもコツコツとリハビリをしていった結果、ほとんど発症前と変わらないまでに回復することができました。

片麻痺は、後遺症の中でも最も治したいもののひとつだと思います。この記事では、僕が実際に行ったリハビリ方法の中で、とくにこれは効果があったリハビリ方法について紹介していきます。

この記事の続きを読む『こちら』をクリックしてください。
  
  

  
次のページ» 視力を回復させた目のリハビリ方法について

病気を乗り越えた後の日常生活

目次

序章

脳動静脈奇形破裂による脳幹出血

意識がない患者に何をすればいい?

嚥下障害を克服するために僕がやったこと

リハビリをする上で最も大切にしないといけないこと

回復期のリハビリと維持期のリハビリの違いを理解することで、焦ることなく治療に専念できる

└・片麻痺を克服するために僕がやったこと

└・脳卒中によってダメージを受けた視力(視野障害・2重に見える・視力低下)を回復させた誰にでもできる目のリハビリ方法について

└・失語症、高次脳機能障害に効果があったリハビリ

なぜ、僕は脳幹出血と脳梗塞の後遺症を乗り越えることができたのか?

脳血管撮影検査の合併症で脳梗塞発症

家族の人も後悔しないために

お医者さんから嫌われる患者・家族の特徴

母直筆の71日間の闘病記録ノート

病気を乗り越えた後の生活

最後に

 
 

ご質問・お問い合わせフォーム
» 脳卒中で分からないことがあればご連絡ください