大切な人が脳卒中で倒れたら、、、

脳卒中で苦しんでいるあなたと、あなたの家族を、私の経験で救いたい

脳卒中は克服できる

家族の人も後悔しないために

投稿日:2020年5月29日 更新日:

僕の親戚の叔父さんは、僕が脳幹出血をする五年ほど前に脳出血を発症し、左半身麻痺してしまいました。当時の僕はまだ脳幹出血を発症していなかっため。叔父さんと叔母さんの気持ちやリハビリに対しての思いは語ることが出来ません。

ただ叔父さんは「リハビリなんかしても無駄だ!」と、リバビリを積極的にやらなかったそうです。叔母さんもそこまで強く「リハビリしよう」とは言わず、「本人の意思を尊重した」そのように言っていました。

結果的には左半身の麻痺はひとつも改善することなく、重たい後遺症を抱えるようになりました。叔父さんはベッドから起き上がるのも介護が必要になりました。叔母さんはそれでも一言も苦言を言うことなく介護をしていました。

だけど叔父さんは大腸がんになって、その五年後に亡くなってしまいました。

「子供二人を独立させ、さぁこれから旅行に行って人生を満喫したかったのに!ちくしょう!!」
これが伯父さんが死ぬ間際に言ったことでした。たまらなく胸が痛かなりました。

叔父さんの葬儀の場で叔母さんが僕にぼそっと「脳出血破傷した時にもっとリバビリをさせておいたら良かった。もっとリバビリをさせておいたら、信也みたいに回復したかも知れない、、、」と悔しているとも言っていました。

もしかすると、叔父さんのようにリバビリを拒否するが少なからずいるかもしれません。けれども、脳卒中を発症して命をとりとめたら、やっぱりやれるだけリバビリをして身体を元に戻さないといけないと思います。

患者本人ははもちろん、患者さんをサポートする方も後悔しないように、「あのときもっとやっていれば」と後悔しないように
最初から無理だと投げ出さずにリハビリをして欲しいと思います。

脳出血や脳梗塞でダメージを受けてしまった
身体的ダメージは、リハビリでしか治らないのだから…

  
次のページ» お医者さんから嫌われる患者・家族の特徴

病気を乗り越えた後の日常生活

目次

序章

脳動静脈奇形破裂による脳幹出血

意識がない患者に何をすればいい?

嚥下障害を克服するために僕がやったこと

リハビリをする上で最も大切にしないといけないこと

回復期のリハビリと維持期のリハビリの違いを理解することで、焦ることなく治療に専念できる

└・片麻痺を克服するために僕がやったこと

└・脳卒中によってダメージを受けた視力(視野障害・2重に見える・視力低下)を回復させた誰にでもできる目のリハビリ方法について

└・失語症、高次脳機能障害に効果があったリハビリ

なぜ、僕は脳幹出血と脳梗塞の後遺症を乗り越えることができたのか?

脳血管撮影検査の合併症で脳梗塞発症

家族の人も後悔しないために

お医者さんから嫌われる患者・家族の特徴

母直筆の71日間の闘病記録ノート

病気を乗り越えた後の生活

最後に

 
 

ご質問・お問い合わせフォーム
» 脳卒中で分からないことがあればご連絡ください