手の痺れでお悩みの方必見!治し方やリハビリの方法をご紹介

僕が入院していた時にでも、指先から肘にかけて痺れを感じるという患者さんは沢山いましたし、このブログからの痺れ改善についてのご質問を多数いただいております。

僕は脳幹出血を発症した影響で、左手の痺れが出ました。現在は完全には無くなったわけではありませんが、少し気になる程度にまで改善しています。

この記事では僕が何をして痺れを改善させることが出来たのかについてお話ししたいと思います。

【結論】どれくらい改善されたのか?

・どれくらい治った?⇒80%程度は治った
・どれくらいの期間かかった?⇒4年ほど
・所感⇒年々良くなっているので、これからも良くなる

リハビリで目に見えて結果が出やすいのは、大きな動作です。
大きな動作とは、足を上げたり、腕を上げたり、歩いたり、立ったりすることです。これらは比較的 数か月とか短い期間で改善される場合があります。逆に手の痺れ、ふらつきといった細かな動作、細かな障害というのは、年単位の時間軸でみるとよいでしょう。

僕も当初は左手の痺れが酷く、寝る時も辛かったです。しかし、3年ほど経ってからは、そこまで気にならなくなってきました。おそらく日常生活を送っていく中で、自然とたくさんの刺激に触れることで慣れてきたんだと思います。

その中でもおススメなのが、イボイボボールです。ちょっと固めの素材でできていて、ゴムのようなプラスチックのような素材。テレビを見ているとき、寝る前などに触るだけで、手にたくさんの刺激を与えることができるので、触っていて気持ちいですし、効きそうなきがしていました。

リハビリ マッサージ用 触覚ボール

iboiboball

・Amazonで購入する
https://amzn.to/3aglDUX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です