生存率1%と言われた脳幹出血と脳梗塞を克服した闘病記録

脳卒中で苦しんでいるあなたと、あなたの家族を、私の経験で救いたい

病気克服するための心構え

大きな成果を出す秘訣は「高い目標設定」にあります。

投稿日:2020年9月24日 更新日:

大きなことを成し遂げる人の特徴として、目標設定が高いという共通点があります。

なぜ、そうなるのか?というと、どのレベルを目指すかによって、意識が変わるためだからです。

その反対に、あまり成果を出せない人は、低い目標を設定しようとします。

また、できなかったのは仕方がなかったと周囲に漏らします。
低い目標を言っている場合が多いのです。

成果を出す人と
出せない人には

目標設定の段階で決まってしまうと言っても間違いではないでしょう。

何を目標に行動するべきか、例えば、スポーツの場合を見てみましょう。

県大会優勝を目標としている人は、全国大会にでることはできません。

なぜなら、県大会で満足し、それ以上の実力になるために、研究したり、練習しないためだからす。

一方、最初から全国優勝を目標にしている人はどうでしょうか?

県大会優勝を目指している人と
同レベルの練習量では満足しないはずです。

全国レベルで闘っている選手の練習量や、フォームを研究し
全国レベルで戦っているコーチに教えを乞うことでしょう

全国大会優勝が目的であるため、県で1位になったとしても満足しません。

通過点にしか思いません。

全国レベルからみると大したことがないと感じるため
天狗になってしまうこともなく

自分より強い相手に勝つために
さらに努力と研究を継続していきます。

このように全国優勝が目的な人は
県大会で頂点に立つことはできますが、逆は無いのです。

そういう意味では

『ビッグマウス』というのも悪くないと思います。

僕は脳幹出血を発症して
生きているか死んでいるのか分からない時でも
「僕ならこの病気を克服できる」
「僕は無敵だ!」
「こんなところでくたばるような人間ではない」
と筆談を使って平気で公言していました。

もちろんこれは悪いことではなく、高い目標をあえて設定し公言することで、言った手前やりきらないといけない心理が働き、何とかしてそれを達成しようと、考えたり努力できるようになるのです。

もちろん、行動が伴っていなければ
周囲から総スカンをくらうため
ビッグマウスに見合うだけの
思考・行動力は必要になります。

それだけの努力をした結果
目標が達成できなかったとしても
それを気にする必要はありません

むしろ、
「もしかしたら回復できないかもしれない」
「僕には無理だ」
「この後遺症は治った人がいない」
と周囲に言って、保険をかける人よりも

『自分は絶対にこの病気を克服できる!』と
宣言できる人の方が素晴らしいです。

スポーツに限らず
高い目標を掲げて結果を出せなかった時
心の中には悔しい気持ちが残ります。

それが、次の行動に繋がっていくのです。

病気克服の目標をどこに設定するか
これからリハビリをして
「身体を元に戻したい、戻したい」と言っている人に限って
「本当に僕でもできるのだろうか。。」と質問をします。

しかし、残念ながらそのような質問をしている時点で
乗越える可能性はかなり低くなります。

そもそも、本当に克服できる人たちは

最初の段階から
「自分は絶対にこの病気を克服できる」
「大衆が思っている常識を変えてやる」
「奇跡を起こすことができる!」
などと根拠のない自信があるものです。

そのための努力がなければ意味はありませんが
目的を達成できる人ほど目標設定が高いです。

杖を使わずに歩くことは通過点に過ぎず
その上だけを常に目指しています。

本当に行動できる人であれば
目標が高い人ほど成功します。

ただ「普通の人があの人は異常だ。変わり者だと思うくらいに圧倒的な努力」が行えるという条件が付きます。

次のページ»
大病は悪いことだけではない!大病を経験すると人生が輝きだす!
 

よく読まれている記事

僕がどうやって数々の後遺症を乗り越えたのかについて詳しく書きました
» なぜ、僕は脳幹出血と脳梗塞の後遺症を乗り越えることができたのか?

 

関連記事

Screenshot_20170412-200318

気管切開の傷跡は生き抜いた勲章

僕は、脳幹出血を発症した際に、自発呼吸ができなくなりました。発症からしばらくは口から酸素を送ってもらっていたそうなのですが、口を開けた状態だと、口から細菌が入ってしまい、他の病気が合併される可能性があ …

無題

思い込みで脳幹出血(脳卒中)になる

1920年頃(第二次世界大戦前のヨーロッパ)に、死刑囚に対してある実験されたことがあるそうです。 その実験とは、目隠しをした人の手首を少し引っ掻いて、人肌くらいの温度の水滴を手首に垂らし、水の滴る音を …

無題

大病は悪いことだけではない!大病を経験すると人生が輝きだす!

生きていく中では、嬉しいこと、悲しいこと、辛いことがまるで株価のように繰り替し訪れます。 だけど、悲しい時、苦しいときこそ、それを乗り切った時には大きな自己成長に繋がっているものなんです。 失恋なんか …

無題

脳動静脈奇形破裂の再発は怖くないの?

僕は2011年1月20日、当時28歳のときに、脳動静脈奇形破裂による脳幹出血を発症してしまいました。出血した病床が脳幹にありましたので、自らの力で呼吸をして体内に酸素を取り入れるといった生命を維持する …

無題

「ありがとう」は魔法の言葉

僕は、人間関係でトラブルになることは少ないと自負しています。 全員と仲良くなれるといったことはできませんが、無用なトラブルは殆どありません。 最初は「うわぁ、この人嫌だな、話しにくいなぁ」と思っていた …

 

目次

第一章:闘病記録

序章

【僕が経験した脳の病気①】脳動静脈奇形破裂による脳幹出血

病気をしたのは僕のせい

意識がない患者に対して家族ができる2つのこと

【僕が経験した脳の病気②】脳血管撮影検査の合併症で脳梗塞発症

母直筆の71日間の闘病記録ノート

闘病中一番身近にいてくれた母との対談

第二章:リハビリテーション

嚥下障害を克服するために僕がやったこと

リハビリをする上で最も大切にしないといけないこと

回復期のリハビリと維持期のリハビリの違い

片麻痺を克服するために僕がやったこと

目のリハビリテーション

しゃっくりを確実に止める方法

失語症、高次脳機能障害に効果があったリハビリ

手の痺れでお悩みの方必見!治し方やリハビリの方法をご紹介

脳卒中後のバランス訓練

第三章:ご家族の方へ

家族の人も後悔しないために

看護師さんの存在って大きいな

お医者さんから嫌われる患者・家族の特徴

なぜ病院は転院を迫ってくるのでしょうか?

お医者さんが言っていることのすべてが正しいとは限らない

脳卒中で後遺症が残ったら身体障害者手帳を申請しましょう!

第四章:マインドセット

脳卒中を克服できるかどうかは、99%これで決まる!

大きな成果を出す秘訣は「高い目標設定」にあります。

大病は悪いことだけではない!大病を経験すると人生が輝きだす!

人生は株価と一緒!脳卒中は神様が与えてくれたプレゼント!

「ありがとう」は魔法の言葉

脳動静脈奇形破裂の再発は怖くないの?

思い込みで脳幹出血(脳卒中)になる

気管切開の傷跡は生き抜いた勲章

良い患者でいることの重要性

第五章:退院後の生活について

病気を乗り越えた後の生活

【就職】障害者雇用について

最後に

番外編:商品レビュー

「ザイグル(ZAIGLE)」実際に買ってレビューしてみた


 

質問は下記から受け付けます
» ご意見・ご質問・お問い合わせフォーム

facebookに僕の普段の生活の様子を公開しています
» facebookへ移動