生存率1%と言われた脳幹出血と脳梗塞を克服した闘病記録

脳卒中で苦しんでいるあなたと、あなたの家族を、私の経験で救いたい

商品レビュー

「ザイグル(ZAIGLE)」実際に買ってレビューしてみた

投稿日:2020年9月26日 更新日:

テレビショッピングでたまに紹介している「ザイグル」という卓上調理器について、実際に買って使ってみた感想を書いてみます。

僕がザイグルを買ったのはちょうど5年くらい前で、妻のお母さんが「煙出ないから部屋に匂いが付かず、炭火で焼いたように美味しく食べれるから」とすすめられて購入したのが始まりでした。

最初はこんなので本当に焼けるのか?と疑っていましたが、使い始めるとその便利さに感動してしまい、それまで使っていたホットプレートやトースターを処分してしまいました。

ザイグルを使い始めたら、毎日の調理に欠かせないアイテムになると思いますよ。

ザイグルとは?

ザイグルは、ホットプレートやフライパンとは違い上部に備えられた赤外線ヒーターで熱を加える調理器具です。

一見して変わった形状をしていますが、この特殊な形状によって、赤外線の熱が下のプレートに反射し、全体を温めて熱が素材を包み込んでくれるんです。

ザイグルの魅力

食材を頻繁に裏返す必要がない

ザイグルにはいくつかの種類がありますが、すべてのザイグルシリーズでは、上部にヒーターがついています。このヒーターからは赤外線が出ていて、この赤外線が食材とプレートに当たるようになっていて、赤外線が食材に当たったときに食材を熱してくれるという仕組みになっています。

うなぎや焼き鳥を調理するときは、炭火を使って調理する場合が多いですよね?

無題

実は炭火というのは赤外線を使った調理方法なんです。

ですから、赤外線ヒーターで調理するザイグルは、炭火で調理するのに近い調理方法と言えるのです。

プレート自体はアルミニウムでできているので、食材に当たらずプレートに赤外線が当たった場合には、プレートが過熱されるため、食材を頻繁にひっくり返す必要がないのです。

煙が少ない

無題

ガスコンロやバーベキューコンロは、食材の下から加熱する仕組みになっていますよね。

そもそも煙が発生する理由は、食材から出た油が火に当たるからなんです。

ザイグルの場合は、熱源が上にあるため、油が熱源に当たってしまうことはまずありません。

よって、ザイグルで調理をすると煙が出ないんです。

ニオイが少ない

家でホットプレートやガスコンロで、焼肉や焼き鳥をしていた際に一番気になっていたことは匂いでした。

まどを全開にして扇風機を回しながら食べていましたが、それでも部屋中に煙が充満し、カーテンや布団、着ている服に匂いが付いてしまっていました。(後からづけの際には強力なファブリーズが欠かせませんでした)


ザイグルは熱源が上にあるため、煙も少なく、油ハネも少ないです。

ですから、ザイグルをを使えば、部屋の中で焼肉や焼き鳥をしてもニオイがとても少ないんです。安心ですね。

油飛びがしない

熱源が上にあるため、油飛びがしないのもザイグルのメリットです。

ザイグルのデメリット

ここまでザイグルのメリットを紹介してきました。
ただ、どんな商品にも言えることですが、ザイグルにもデメリットがあります。

焼け具合が分かりづらい

普通の鉄板の上で焼肉を焼くと、ジュージューと美味しそうな音がしますが、ザイグルだと、そんな音はほとんど聞こえません。まるで爆音を轟かす車と電気自動車のような感じです。

静か~に、じんわり焼けていきます。
またヒーターから照らさせる色がオレンジ色なので、肉が焼けているのか分かりづらいです。

ですから注意しておかないと、肉が焦げてしまうことがあります。

収納性が悪い(結構大きい)

どのタイプのザイグルも、折りたたんで収納することはできません。。。

使わないときの、収納場所を確保しておく必要があります。

でも、今回発売された新モデルザイグルパーティーは、コンパクトになり収納する必要がないので、毎日ザイグル調理が楽しめるようになりました。

コードが短い

ザイグルプラスだけは、コードが3mありますが、他のシリーズは、コードの長さは全て1.5m。

もう少し長いと便利なんですが。。。

僕はいつも、延長コードを使っています。。

大きな電力を使う器具だから、100円ショップの延長コードを使うのはなんとなく怖いので、信頼の置けるメーカーの電源コードを使っています。


ヒーターの不具合

僕の使い方が悪かったのかもしれませんが、最初に買ったザイグルグリルは、ヒーター部分の不具合が多かったんです。

でも、1年間の保証期間がついていたので、一度新品に交換してもらった経験があります。

次に購入したザイグルシンプルも、1年半ほど使っていたら、ヒーター部分が熱を持たないという不具合が出てしまいました。

少しでも調子がおかしいと思ったら、保証期間内に修理や交換しておくといいですね。

ザイグルで調理して良かったもの

焼肉

煙が少ない、油ハネが少ないというザイグルの特性を最大限に活かせる食材だと思います。

赤外線で調理するから、肉の旨味も閉じ込められて美味しく焼きあがります。

ただ、慣れるまでは、焼きすぎに注意が必要です。

焼き魚

魚もしっかり焼けます。

切り身の魚も美味しく焼けるけれど、サンマやめざしのように、まるごと焼きたい魚も手軽に調理できるんです。

魚焼きグリルと違って、焼き具合が見えるから便利です。

焼き魚

串に刺した状態の焼き鳥は、コンロで調理するのはなかなか難しですよね。

ザイグルで調理すると、炭火で調理した焼き鳥みたいに綺麗に焼きあがるんです。

出来合いの焼き鳥を買ってきて、温めて食べたい時にも使えますよ。

パン

食パンやピザも、ザイグルでちゃんと焼けます!

トースターよりも面積を広く使えるから、僕はトースターを処分してしまいました。

食パンであれば、ザイグルで一度に2枚から4枚は焼けます。

惣菜

スーパーで買ってきたお惣菜を温めたい時も、ザイグルは便利です。

油を使わず赤外線で温めることで、揚げ物もある程度サクサクな状態に温め直すことができるんです。

8種類のザイグルを使った僕が、一番おすすめするタイプ