自宅の玄関ドアやカギが自動ドアになる装置 | 生存率1%と言われた脳幹出血と脳梗塞を克服した闘病記録

自宅の玄関ドアやカギが自動ドアになる装置

D15D0A1D-248E-4D31-902C-2D7C0294BCA0

僕が脳幹出血した際には、左半身が麻痺していました。

リハビリをしながらある程度まで回復して退院することはできたのですが、杖歩行ですし、左腕も思う様にあがらなかったので、玄関のドアを開けるのが大変でした。

そんなときに出会ったのが、自宅の玄関ドアやカギはそのままで、簡単に“自動ドア”へ生まれ変わる装置です。

ちょっとイメージしにくいので動画を紹介しますね。

このような形で車イスに乗りながらでも自動で玄関のドアを開けてくれるので、片麻痺のある方や、車イスを使う人によってはかなり便利なアイテムだと思います。

また障がい当事者様の状況によって介護保険(レンタルは対象外)、住宅改修助成金、日用生活用具給付金いづれかの制度を利用できる可能性がありますので、見積だけでも一度とってみてはいかがでしょうか?

【LIXIL】自動ドアへ生まれ変わるDOAC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です