なぜ僕は脳幹出血と
脳梗塞を乗り越えることができたのか?

「脳卒中で倒れて後遺症が残りそうだ」

「毎日リハビリを頑張っているけど一向に良くならない」

「このままリハビリを続けても意味があるのだろうか・・・」

そのように思われているのであれば、
1分だけこの手紙を読んでください。

なぜならこの手紙は、脳幹出血と脳梗塞を経験した患者自身の手紙で、脳卒中を克服する方法が書かれたものだからです。

申し遅れました。

この手紙を書いた私は、大阪府在住の上西と申します。

私は、2011年(当時28歳)に、脳動静脈奇形破裂(AVM)による脳幹出血(延髄出血)を発症し、その2年後の脳血管撮影検査中に脳梗塞を発症した経験を持ちます。

kkkkk

医者から家族への説明は、一生寝たきりになるだろ。一生人工呼吸器を外すことはできないだろうと、言われておりました。

そのような絶望的な状態でしたが、後遺症をほとんど残さずに社会復帰することができ、子供2人を授かり、住宅ローンも組めるまでに回復することができております。

とは言っても、私は何も特別な人間ではありませんでした。

確かに発症した年齢が28歳と比較的若い年齢ではありましたが、それは一番の要因では無かったと考えています。

ちなみに私は以下の症状を患いましたが、その殆どを克服、もしくは日常生活に支障が出ない程度にまで回復させることができました。

左半身麻痺(手足のマヒ)、左手の痺れ、右半身の感覚障害(温度)、嚥下障害、排尿障害、言語障害(失語症:文字が読めない書けない)、視野欠損、斜視、ふらつき、高次脳機能障害(記憶障害)、めまい、頭痛

では、何が私をここまで回復させたのでしょうか?

その一番の要因だったことを『無料のレポート』に書き示しました。

report

このレポートは6年ほど前から公開しており、延べ3000人以上の方が読まれ、大変好評を得ているものになります。

もしレポートを読まなかったせいで後遺症が残っても後悔しませんか?

このレポートは既存のリハビリとは全く異質のもので、且つ自分でできる方法で、他人に頼ることなく脳卒中を克服することができた実例の体験談になります。

脳卒中は必ずしも後遺症が残る病気ではないと考えていますが、出来るだけ早くからレポートに書いてある事をしていく必要があったという事です。

勉強でもスポーツでもなんでもそうですが、結果を出した人の真似をすると結果が出やすいと言われています。

「脳卒中を乗り越えて元の生活に戻りたい!」そう思っているのであれば、今すぐ下記の「友だち追加」ボタンをクリックして、友達追加をしてください。

友達追加後にレポートをお送りします。

btn