微量ミネラル摂取のススメ

微量ミネラル摂取してますか?

脳卒中の片麻痺改善には必須の栄養素です!


微量ミネラルの摂取

自然治癒力の向上

片麻痺の克服

「えっ、そんなことで!?」と、思われるかもしれませんが、 僕は「微量ミネラル」の摂取をし続けたからこそ、ここまで回復することができたと考えています。

なぜなら、微量ミネラルを体内に取り込めば、自然治癒力が高まり、ダメージを受けた機能を元に戻そうと頑張ってくれるからです。

突然ですが、あなたは「人間」と「機械」の違いはなんだかわかりますでしょうか?

そうです。「自然治癒力」です。

機械は壊れてしまったら誰かが直さない限り永久に壊れたままです。
しかし人間は違います。

自分で自分を治すことができる素晴らしい能力、「自然治癒力」を備えています。

これが「人」と「機械」を分かつ大きな違いです。そして「自然治癒力」はとても大きなパワーを持っています。少々の擦り傷や切り傷は数日程度で完治します。

脳卒中は命のリスクがありますし、時間との勝負なので手術をしての治療が必要です。ですが、後遺症がどれだけ改善していくかは、患者の自然治癒力が大きく関わってきます。

治癒力が高ければ高いほど、元通りの生活を送ることができる可能性が高まっていきます。

実際僕の場合、家族が自然治癒力を高めることにフォーカスしてサポートしてくれていたおかげで、今では普通の人と同じように生活できるくらいまで回復することができました。

本当にラッキーだったと思っています。そして感謝しています。

僕は、微量ミネラルを摂取しながらリハビリをすることで、自然治癒力が高まり、リハビリの効果が倍増すると考えています。ですから、僕かここまで奇跡的な回復を成し遂げることができたのは、この微量ミネラルの摂取にあったと考えています。

僕が使っていたものは微量ミネラルは、脳幹出血を発症した翌日に、親戚の叔父さんが、母に手渡してくれました。

 

ミネラルの重要性と問題点

mineral

ミネラルとは、生命維持に不可欠の栄養素。私たちの体は60兆の細胞からできていますが、その細胞の生化学的働きは約3,000種類の体内酵素によって維持されています。

この酵素の働きを助けているのがミネラルとビタミンです。これらの微量元素が普段の食事から不足すると、体内酵素の働きが低下して細胞の活動が衰え、さまざまな病気を引き起こす原因となることを明らかにしています。また、私たちの体には72種類のミネラルが必要であると述べています。

しかし、私たちの体は、食べたもの、飲んだもの以外からは何一つ作られません。私たちは食べたものの栄養素で身体の健康、心の安定も得られているのです。

食べるということは生きることそのものだと言えるでしょう。ですから私たちは、もっと「食」について考えなければならないのです。

現代の私たちは五大栄養素の中の、タンパク質、炭水化物、脂質は栄養過剰摂取と言われており、逆にビタミンとミネラルは不足していると言われています。ビタミンはミネラルの助けなしに、吸収することも機能を果たすこともできません。さらにビタミンのいくつかは、体の中で合成することができますが、ミネラルはどれ一つとして体内で作ることができません。

五大栄養素の中で、最も重要なのが食べ物から吸収するミネラルなのです。

しかしながら現代において食の乱れと食材にミネラルがなくなり、栄養のバランスが取れない時代になりました。昔も今もミネラルは人間にとって最も特別な栄養素のひとつなのです。

しかし、現代では世界規模でのミネラル不足に陥っています。この100年で農地から世界規模で8割から9割のミネラルが消えていると言われています。日本でも農地にミネラルが少なくなり野菜、穀類、果物などのミネラル含有量は過去数十年で大きく減少しています。

mineralsukunai

なぜこうなってしまったのでしょうか?

人間は便利さや快適さを求め、これまでさまざまな開発を進めてきました。
ダムの建設、下水の発達などによって農地へのミネラルの循環がなくなってしまいました。

また最大の原因は、化学農法の発達です。
大地には、ミミズや微生物が住めなくなり、死滅させてしまいました。
植物がミネラルを利用できない状態になってしまったのです。
こうして私たちは多種多様なミネラルを食物から得る機会を失ってしまったのです。

アメリカ上院議員文章第264号
何百万エーカーの土地で耕作されている野菜、果物、穀類には、ある一定のミネラルは含まれておらず、それをいくら食べたとしても我々は、その栄養を摂ることができない。食べ物の価値には大きな開きがある。あるものは、食べ物としての価値がないほどである

また

アメリカ上院議員文章第264号
明白な事実として、タンパク質、糖質、ビタミンよりも、私たちの健康はより直接的にミネラルによって支配左右されているのだる

と公的に国が断言しているのです。

自然界からミネラルを摂取することができない。

この危機を救うため、大阪大学の教示らが「ひる石」と言われる花崗岩を、安全にそして飲みやすい形にすることに成功したのです。

そして僕はミネラル水を毎日使い始めたのでした。

 

ミネラルの重要性と問題点

ミネラルとは、生命維持に不可欠の栄養素。私たちの体は60兆の細胞からできていますが、その細胞の生化学的働きは約3,000種類の体内酵素によって維持されています。

この酵素の働きを助けているのがミネラルとビタミンです。これらの微量元素が普段の食事から不足すると、体内酵素の働きが低下して細胞の活動が衰え、さまざまな病気を引き起こす原因となることを明らかにしています。また、私たちの体には72種類のミネラルが必要であると述べています。

しかし、私たちの体は、食べたもの、飲んだもの以外からは何一つ作られません。私たちは食べたものの栄養素で身体の健康、心の安定も得られているのです。

食べるということは生きることそのものだと言えるでしょう。ですから私たちは、もっと「食」について考えなければならないのです。

ビタミンはミネラルの助けなしに、吸収することも機能を果たすこともできません。さらにビタミンのいくつかは、体の中で合成することができますが、ミネラルはどれ一つとして体内で作ることができません。

五大栄養素の中で、最も重要なのが食べ物から吸収するミネラルと言っても過言ではないでしょう。

mineral

しかしながら現代において食の乱れと食材にミネラルがなくなり、栄養のバランスが取れない時代になりました。昔も今もミネラルは人間にとって最も特別な栄養素のひとつなのです。

しかし、現代では世界規模でのミネラル不足に陥っています。この100年で農地から世界規模で8割から9割のミネラルが消えていると言われています。日本でも農地にミネラルが少なくなり野菜、穀類、果物などのミネラル含有量は過去数十年で大きく減少しています。

なぜこうなってしまったのでしょうか?

人間は便利さや快適さを求め、これまでさまざまな開発を進めてきました。
ダムの建設、下水の発達などによって農地へのミネラルの循環がなくなってしまいました。

また最大の原因は、化学農法の発達です。
大地には、ミミズや微生物が住めなくなり、死滅させてしまいました。
植物がミネラルを利用できない状態になってしまったのです。
こうして私たちは多種多様なミネラルを食物から得る機会を失ってしまったのです。

アメリカ上院議員文章第264号
何百万エーカーの土地で耕作されている野菜、果物、穀類には、ある一定のミネラルは含まれておらず、それをいくら食べたとしても我々は、その栄養を摂ることができない。食べ物の価値には大きな開きがある。あるものは、食べ物としての価値がないほどである

また

アメリカ上院議員文章第264号
明白な事実として、タンパク質、糖質、ビタミンよりも、私たちの健康はより直接的にミネラルによって支配左右されているのだる

と公的に国が断言しているのです。

これは自然界からミネラルを摂取することができないと言っているようなもので、5大栄養素の内、最も摂りにくいのがミネラルなのです。

この危機を救うため、大阪大学の教示らが「ひる石」と言われる花崗岩を、安全にそして飲みやすい形にすることに成功したのです。そして私はミネラル水を毎日使い始めたのでした。

 

本当のミネラルウォーター

まず、ミネラルは薬ではありませんので、これを飲めば必ず良くなるものでは無いことをご理解ください。

その上でお話しますと、僕が飲んでいたミネラルは、予約一年待ちと言われる玉川温泉と同成分が入ったミネラルで、黒雲母をイオン化して飲めるようにした物です。

イメージとしては、温泉から湧き出る水のようなもので、多種多様なミネラルが含有されたものでした。尚、市販のミネラルウォーターでは、ミネラルの含有量が少ないです。

ネットでいくつか種類があるようですが、同じ価格帯ですし、できれば僕が使っていたものと同じ物を使っていただく方が良いとは思っています。

ちなみに僕が使っていたミネラルは、ミネラルバランスという商品でした。

僕は、食事前やリハビリをする前にオレンジジュースやヤクル混ぜて飲んでいました。

ミネラルバランスの使い方は2通りあります。

1つは肌に塗る方法。2つ目は飲む方法です。

ミネラルは肌の毛穴から吸収されるので、脳幹出血発症から約1ヶ月ほどは、昏睡状態と嚥下障害を患っていましたので、母が顔や腕、まぶたなどに塗ってくれていました。

160824_image

 

二度のノーベル賞を受賞したライナス・ポーリン博士の言葉

Dr. Linus Pauling in 1960. Pauling is the winner of the Nobel Prize in Chemistry for 1954 and recipient of the Nobel Peace Price in 1963.

Dr. Linus Pauling in 1960. Pauling is the winner of the Nobel Prize in Chemistry for 1954 and recipient of the Nobel Peace Price in 1963.

人生に二度のノーベル賞を受賞したライナス・ポーリン博士は、「分子整合医学」でこのように語りました。

「人体は原子・分子の固まりで、それらが絡み合い均衡を保って健康を保っている。そのためにはビタミンとミネラルが重要な働きをするが、体内で生成できないミネラル、特に微量ミネラルが決定的な役割を果たす。」

「すべての病気を追求すると、すべてがミネラルの欠乏にたどり着く。ミネラルは単体では有効な働きができない。人体の健康維持には、多種類のミネラル摂取が重要であり、ほとんどの病気は、ミネラルの多量投与で元に戻る」

博士は、アメリカの量子化学者、生科学者、分子生物学者、医療科学者で、他分野に渡る研究で、1954年にノーベル化学賞、1962年にはノーベル平和賞を受賞していて、博士の研究は現在でも多くの研究者に影響を与えており、世界で初めてミネラルと生物の関連性の研究で、「生物と無生物の間の失われた環(ミッシングリング)」を解明した先駆者として知られています。

 

ミネラル体験談

僕の体験を通じてミネラルを試された日本全国の方々から喜びのメッセージをご紹介させていただきます。

微量ミネラル体験者の声1

2か月半前に脳出血で入院した母親(76歳)に微量ミネラルを飲ませたいと考えています。上西さんのレポートを読みまして、微量ミネラルのことを知りましたが、その時は購入はしませんでした。

しかし、その後、どうしても気になり上西さんが使っていたものと同じものを買い求め、入院1ヶ月位の時から1ヶ月間くらい食事に水を入れて飲ませました。(嚥下障害があるため看護師さんにとろみ剤を入れてもらわなければなりません)。

糖尿病で高血糖が続いていたのが飲み始めてすぐに安定し、ずっと傾眠状態だったのが徐々に目が開くようになり、食事も介助されながらではありますが、自分で採れるようになりました。

麻痺のある右手でスプーンも使い、長く起きていられる様になりました。ところが1ヶ月ほどたったころに味覚が戻ったのか100mlの水に2.5ml ほどを入れていたのを、嫌がるようになり飲まなくなってしまいました(認知症の様な症状も出ており子供が嫌いな食べ物を頑として嫌がるような感じです)。

そこで担当医師に食事に混ぜて与えられないか相談した所、基本的にサプリメントなどの使用は認めないとのことで、入院中は使用をやめるよう言われました。飲ませたいなら退院後に飲むようにとのことでした。

飲むのをやめて3週間ほどになりますが血糖値は安定しているもののまた以前のような状態に戻ってしまいました。食事時間も目が開けられず口に運ばれるものを半分寝ながら食べ、リハビリも傾眠状態で思うようにできず、むしろ後退してしまったようです。

担当医師には止められてはいますがまた飲むのを再開したいと考えています。

微量ミネラル体験者の声2

上西様、こんにちは。熊本の小山です。
お気にかけていただきありがとうございます。

母の方は、緊急入院した総合病院で一か月、転院したリハビリの病院で 20 日ほど経過いたしました。右側のマヒも随分と回復して、ペンを持って字を書けるまでなりました。

杖をついて歩くのも出来てる様です。失語の方が少し気になります(時計を着物と言ったり)。ミネラルの方もその様な具合で、食事の時に自分でかけて食べれますので、その旨言ってますが、失語の影響か、良く忘れるようです(笑

笑顔も出ますし、今月いっぱいで退院して帰ると本人は言ってますので順調なのかなと思います。

微量ミネラルを飲まなければどんな状況になっていたかの判断は出来かねますが、僕自身、今の時期は花粉症なのか、鼻の具合がよくなかったのが、そんなに気になりませんので微量ミネラルのおかげかなと考えております。

気候も良くなりますので、病状も上向きになってくれればいいのですが^_^

微量ミネラル体験者の声3

上西さんこんばんは
暑い日になりましたね。

足のほうは、ミネラルを飲み続けて 3 ヶ月目で左を 10 としたら右は 0.1 から 1 ぐらいになりました。

更にその状態で AMZ 療法をしたら、今では 3.5~4 位になりました。AMZ 療法の先生に言わせると、まだ回復期が続いているようです。

これも微量ミネラルのおかげかもしれません。上西さんのようになれるよう頑張ります。

微量ミネラル体験者の声4

上西さん。おはようございます。
微量ミネラル毎日飲ましています。

改善しました。
運動麻痺が、改善したことと、脳動脈瘤がきえたことです。
ありがとうございます。

主人は、一度諦めてしまったんですが、励まして頑張るようになりました。

微量ミネラル体験者の声5

IMG_20220604_172740

微量ミネラル体験者の声6

IMG_20220604_172924

微量ミネラル体験者の声7

IMG_20220604_173015

微量ミネラル体験者の声8

IMG_20220604_173040

微量ミネラル体験者の声9

IMG_20220604_173137

微量ミネラル体験者の声10

IMG_20220604_173100

微量ミネラル体験者の声11

IMG_20220604_173206

微量ミネラル体験者の声12

IMG_20220604_173227

微量ミネラル体験者の声13

IMG_20220604_173243

微量ミネラル体験者の声14

IMG_20220604_173305

微量ミネラル体験者の声15

IMG_20220604_173322

微量ミネラル体験者の声16

IMG_20220605_085737

微量ミネラル体験者の声17

2206051009

微量ミネラル体験者の声18

IMG_20220605_121036-585x1024

微量ミネラル体験者の声19

IMG_20220629_102850

微量ミネラル体験者の声20

IMG_20220820_101539

微量ミネラルの体験談はいかがだったでしょうか?

このような体験談は日本全国から頂いております。

そして、脳卒中の後遺症はできるだけ早くから治していくことが、最も大切なことです。

僕は幸いにして退院してからも一度も通所リハビリに行っていません。そのための掛るお金と時間を全く使わずに別のことに時間を使うことができています。

また発症から年数が経っていても構いません。今この瞬間が1番新しい状態ですので是非試して判断して欲しいと願っております。

先頭へ