生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した体験記

生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した体験記

多くの方に脳の病気の立ち向かい方を伝えるのが僕の使命だと思っています。

こんにちは、はじめまして、このページにアクセスしていただきありがとうございます。

僕は2011年1月20日(当時28歳)の時に、AVM(脳動静脈奇形破裂:脳幹出血(延髄出血))を発症し、2年後の2013年3月15日(当時30歳)に、脳血管撮影検査の合併症で、脳梗塞を発症した経験をもちます。

脳幹出血発症直後は、自発呼吸ができなくなり、また左半身麻痺と診断されましたが、8か月後には装具などを使わずに歩いて通勤することができるようになりました。

また脳血管撮影検査の合併症で、脳梗塞を発症し失語症になったときにも、約半年間という短い期間で、元通りにまで回復することができました。

その他にも、嚥下障害、意識障害、片麻痺、しびれ、右半身の温度感覚欠如、失語症(文字が読めない書けない)、視野欠損、斜視、視力低下、視野狭小、ふらつき、独歩、しゃっくり、高次脳機能障害、記憶障害、めまい、失禁、頭痛、排尿障害などの症状を経験しましたが、そのすべてを乗り越えることができました。

とは言っても僕は特別な人間ではありません。

では、なぜそんなどこにでもいるようなごくごく普通の人間が、脳幹出血と、脳梗塞を乗り越えることができたのでしょうか?

その理由を動画にしました。
ぜひ一度ご覧になってください。

僕が使っていたミネラル水について

動画にもあったとおり、僕はミネラル水と出会えて本当に良かったと思っています。

ミネラルは、人間が健康的な生活を送るためにバランスよく摂取しなければならないものです。

信じる者は救われるではありませんが、僕たち家族は可能性があるものに関しては迷うことなく試しました。そして、それが功を奏したと思っています。

ですから、本気で克服を願っているのであれば、迷わずに今すぐ試してみて欲しいと思っています。

ただ、ミネラル水と言ってもスーパーやコンビニで売っているミネラル水のことではありません。何十種類もミネラル分が含まれたものでないといけません。

薬事法の関係上、大々的に商品名を明記することはできませんので、お問い合わせいただいたからだけに、詳しい商品名、使い方などをメールさせていただきます。

僕が使っていたミネラル水について、詳しく知りたいと思われましたら、こちらをクリックしてください。