突然やってきた脳の病気 | 生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した体験記

生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した体験記

多くの方に脳の病気の立ち向かい方を伝えるのが僕の使命だと思っています。

突然やってきた脳の病気

僕の自己紹介と、僕が経験した脳の病気について紹介します。

僕は1982年(昭和57)、大阪府に生まれ。高校までを大阪で過ごし、卒業後はプログラマー(システムエンジニア)として働きはじめました。

そんな普通の人生、普通の生活を送っていたある日、僕は突然AVM(脳動静脈奇形破裂。いわゆる脳幹・延髄出血)を発症してしまったのです。

2011/01/20

2011/01/20

主治医の説明書

110120_説明書1

「脳動静脈奇形」という、生まれつき血管の動脈と静脈が繋がっている病気で、僕の場合それが脳幹部にあって破裂してしまった。この時は本気で死ぬかと思いました。

【リハビリ病棟】脳幹出血発症から2カ月後の歩行動画

脳幹出血発症から2か月後の歩行動画。
左半身麻痺からのスタートだったので、まずは動かすことからリハビリが開始された。毎日汗をかきながらリハビリをしていましま。

このときもまだ左足の関節がうまく曲げることができずぎこちない動作になってます。
入院してから初めて自分の足で歩けるようになった時の感動は今でも覚えています。

脳幹出血から2年後の検査入院で、脳梗塞を発症し失語症になる

2013年4月9日_診断書_会社提出用

2013年4月9日_診断書_会社提出用

脳幹出血発症から2年後、フォローアップ検査で血管撮影検査を受けている最中に併症による脳梗塞を発症!ついさっきまで見えていた右目が失明し、すべての文字の読み書きができなくなってしまいました。

しかも信頼していた主治医が執刀するのではなく、研修医が執刀していたので、もう怒り心頭!!

このときばかりは僕も「人生終わったな・・・」と途方に暮れる思いでしたが、経験者は強いですね。

何をすれば回復するかが分かっていたので、視野欠損は5日ほどで元通りになり、失語症は1カ月ほどで完治させることができました。

関連記事:リハビリ効果を高めるためにやったこと

現在の僕:歩いている動画

元気に歩いているよ。
急な方向転換はまだ苦手だけど、普通に歩けるようになってきたよ!
僕が脳卒中患者で左半身マヒしていたなんて、誰にも気づかれたことはないよ。
あきらめずに前向きにリハビリに励めば、ここまで回復できるんだよ!

現在の僕:走っている動画

もう普通に走ることができてるよ。
ちなみにちょこっと映っているのは、脳幹出血・脳梗塞を発症した後に授かった子供だよ。

現在の僕:車を運転している動画

普通に運転できているよ。
この動画のときはシエンタっていう車に乗っていて、現在は子供が2人になりステップワゴンに買い替えたんだ。
長時間の運転も問題なくできるから家族旅行にも車で行ってるよ。

現在の僕:住宅ローンも降りたよ

3000万円の融資を受けてマンションも購入することができたよ。
過去の病歴、身体障害者手帳を持っていると、住宅ローンを組むときに必要となる団体信用保険に入るのが難しかったりするんだけど、なんとか無事に審査が通って買うことができたんだ。

「闘病記録」の記事一覧

「克服できた後遺症」の記事一覧

「ご家族に向けて」の記事一覧

「コラム」の記事一覧