「 僕が行ったリハビリ 」 一覧

no image

脳卒中後のバランス訓練

・どれくらい治った?⇒60% ・どれくらいの期間かかった?⇒4年ほど ・所感⇒日常的によく歩くこと、体幹を鍛えること 僕は脳幹出血を発症した際に、脳幹の隣にある小脳にもダメージを受けてしまいました。小 …

no image

手の痺れでお悩みの方必見!治し方やリハビリの方法をご紹介

僕が入院していた時にでも、指先から肘にかけて痺れを感じるという患者さんは沢山いましたし、このブログからの痺れ改善についてのご質問を多数いただいております。 僕は脳幹出血を発症した影響で、左手の痺れが出 …

no image

失語症(文字の読み書きが一切できなくなった)を克服した方法

僕は2度目の脳の病気である脳梗塞を発症した際に、失語症(文字の読み書きが一切できなくなった)を発症してしまいました。 失語症と言っても症状は人それぞれで、僕の場合は、普通に話すことはできましたが、ひら …

no image

しゃっくりを確実に止める方法

リハビリ病院へ転院し、数日経ったころから、しゃっくりが1日中鳴り止まないようになりました。寝るまでずっと「ヒクヒク」言っていて、挙句の果てには寒気がしてしまう。そんな状態が何日も続いていました。 ただ …

no image

目のリハビリテーション

母から聞いた話ですが、脳幹出血で緊急搬送されたとき、ICUで入院しているときに、僕の両目はまるでメリーゴーランドのようにグルグルと回っていたそうです。 ICUを出たころには、グルグル回るのはおさまりま …

無題

なぜ、僕は脳卒中による片麻痺を克服することができたのか

僕は、2011年(当時28歳)に、脳動静脈奇形破裂(AVM)による脳幹出血(延髄出血)を発症し、その2年後の脳血管撮影検査中に脳梗塞を発症した経験をもちます。 脳幹出血を発症した際には、左半身が麻痺に …

no image

回復期のリハビリと維持期のリハビリの違い

リハビリの世界では急性期から回復期にかけてが、一番回復しやすいと言われています。 僕もそれはその通りだと思っています。 ただ、急性期から回復期にかけては、、、、 最悪とりあえず歩くことができる。とりあ …

no image

リハビリをする上で最も大切にしないといけないこと

リハビリをする上で僕が最も大切にしないといけないポイントがあります。 それは、どれだけ自主練習を行うかだということです。 一般的なリハビリのイメージとして、「リハビリはハードだ」「毎日汗水垂らしながら …

無題

嚥下障害を克服するために僕がした”たった1つのこと”

急性期の脳卒中患者の半数にみられる合併症で、嚥下障害というものがあります。嚥下障害を簡単に説明すると、食べ物を上手に飲み込めず、間違って肺に入ってしまう状態のことを言います。僕も例にもれず、嚥下障害を …