生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した体験記

生存率1%の脳幹出血と脳梗塞による失語症を克服した体験記

多くの方に脳の病気の立ち向かい方を伝えるのが僕の使命だと思っています。

はじめまして!脳幹出血と脳梗塞を克服した上西です!!

このブログにアクセスしていただきありがとうございますm(_ _ )m

僕は、2011年1月20日(当時28歳)の時に、AVM(脳動静脈奇形破裂:脳幹出血(延髄出血))を発症し、2年後の2013年3月15日(当時30歳)に、脳血管撮影検査の合併症で、脳梗塞を発症した経験をもっています。短期間に2度も脳の病気を患いながらも、ほぼ後遺症を残すことなく回復できた人は、世界的に見ても少ないんじゃないかと思っています。

kkkkk

脳幹出血発症直後は、自発呼吸ができなくなり、また左半身麻痺の状態になりましたが、8か月後には装具などを使わずに社会復帰することができるまでに回復することができました。

また脳血管撮影検査の合併症で、脳梗塞を発症し失語症になったときにも、約半年間という短い期間で元通りにまで回復することができました。

その他にも、嚥下障害、意識障害、片麻痺、しびれ、右半身の温度感覚欠如、失語症(文字が読めない書けない)、視野欠損、斜視、視力低下、視野狭小、ふらつき、独歩、しゃっくり、高次脳機能障害、記憶障害、めまい、失禁、頭痛、排尿障害などの症状を経験しましたが、そのすべてに対して、後遺症を残すことなく乗り越えることができました。

とはいっても僕に身体能力があったわけではなく(むしろ平均以下だと思います)、ごくごく平均的な人間がここまで回復することができたこの経験は、きっと今同じような悩みをもっている方にとっては役に立つこともあるんじゃないかと思ってます。

このブログでは、僕の闘病生活から得た経験と情報と知恵を余すことなく伝えています。『生存率1%』と言われていた脳幹出血を完治させるまでに身につけた事、気づいた事、分かった事などを中心に、「生」や「死」に関する僕なりの考え方や、病気に対する心構えなどについて書いていきます。』

多くの方に脳の病気の立ち向かい方を伝えるのが僕の使命だと思っています。

僕が経験した脳の病気について

「闘病記録」の記事一覧

「克服できた後遺症」の記事一覧

「ご家族に向けて」の記事一覧

「コラム」の記事一覧

僕の体験が「電子書籍化」されました

講演会で僕の経験を伝えています