脳卒中の克服は
家族の支えが9割

「息子が脳卒中で倒れてしまって最悪社会復帰できないと言われ すごく不安である」

「息子の為に何かしてやりたいけど何ができるか分からない」

「お医者さんは様子を見ないと分からないなどと言い、親身になって説明してくれないから見捨てられた気持ちになっている」

そう思っているのであれば、1分だけこの手紙を読んでください。

なぜなら、この手紙には脳幹出血と脳梗塞の2つの脳の病気を患い、ほとんど後遺症を残さずに社会復帰を果たすことができた患者自身の手紙で、脳卒中を乗り越えれる為に何をすれば良いのか分かるからです

申し遅れました。

この手紙を書いた私は、大阪府在住の上西信也と申します。

私は、2011年(当時28歳)に、脳動静脈奇形破裂(AVM)による脳幹出血(延髄出血)を発症し、その2年後の脳血管撮影検査中に脳梗塞を発症した経験を持ちます。

kkkkk

お医者さんから家族への説明は、一生寝たきりになるだろ、一生人工呼吸器を外すことはできないだろうと、言われておりました。

そのような絶望的な状態でしたが、後遺症をほとんど残さずに社会復帰することができ、正社員とした働き続け、子供2人を授かり、住宅ローンも組めるまでに回復することができました。

とは言っても、私は何も特別な人間ではありませんでした。確かに発症した年齢が28歳と比較的若い年齢ではありましたが、若ければ脳卒中を乗り越えることができるのか?と言えばそうではないと思っています。

では何が私をここまで元気にさせたたのかと言うと、正しい考え方、闘病生活、そして家族のサポートがあったからです。

そこで私は、誰でも脳卒中を乗り越えれるようになるための バイブル(無料のレポート) を作成しました。

このバイブル(無料のレポート)は約6年ほど前から公開しており、延べ1000人以上の方が読まれ、大変好評を得ているものになります。

このバイブル(無料のレポート)を読むことで、下記の事が分かります。

☑昏睡状態の患者を目覚めさせるための有効な方法が分かります。
脳卒中は時間との勝負です。ですから、できるだけ早くからリハビリを開始する必要があります。当然、昏睡状態が長ければ長いほど不利になります。私は脳幹出血を発症した際に昏睡状態となりましたが、家族にあることをしてもらったお陰で目覚めることができました。そのあることとは…。ちなみに、誰にでも今すぐにできる方法です。

☑リハビリをする上で最も大切な考え方が分かります。
この考え方を持っていないと、どれだけ有名なリハビリ方法を行っても高い効果は望めません。逆にこの考え方を持っていると、どんなリハビリ方法でも機能改善をすることができます。現に私は有名なリハビリを受けたわけではありませんし、正直どこの病院でリハビリを受けたとしても、同じように回復していたと思います。

☑家族のサポートの仕方が分かります
脳卒中は他の病気とは違い、手術や薬を飲めば治る病気ではありません。医療従事者に命を取り留めてもらった後は、患者自身がリハビリを行い機能回復をしていかなければなりませんが、その際に家族のサポートが非常に大切になってきます。と言うのも患者自らが情報を得るのは難しい事が多いからです。ですから家族の方が正しい情報を得て、患者に伝える必要があるのです。私が脳卒中の克服は、家族の支えが9割だと考えている所以はここにあります。

☑あらゆる障害を乗り越えた方法をお伝えします。
私は、脳幹出血と脳梗塞発症によって、嚥下障害、意識障害、左半身麻痺(手足のマヒ)、左手の痺れ、右半身の感覚障害(温度)、排尿障害、言語障害(失語症:文字が読めない書けない)、視野欠損、斜視、ふらつき、高次脳機能障害(記憶障害)、めまい、頭痛といった症状を患いましたが、その殆どを解消、もしくは日常生活に支障が出ない程度にまで回復させることができました。その方法をお伝えします。
※但し、考え方という土台があってこそ実現できることをお忘れなく

最後に

お医者さんも看護師さんも、リハビリの先生も実際に脳卒中を経験したことがないと思います。ですから、本当の所は分からないと思っています。

勉強でもビジネスでもなんでもそうですが、結果を出した人の真似をする事が大切です。

家族を助けるヒントを求めているのであれば、今すぐ下記の「LINE 友達追加」をクリックして友達追加をしてください。友達追加後に無料のレポートをメッセージでお送りします。

コロナ禍で充分に面会ができない状況だからこそ読んでもらいたいです。