top_220808

就労支援を利用するには

就労支援を利用するためには、まずはじめに自分がどのような支援が必要なのかを明確にする必要があります。例えば、職場でのストレスやうつ病の治療、障害による就労困難など、自分が抱えている問題に応じた支援が必要です。

次に、就労支援を提供する機関や団体を探し、相談することが大切です。就労支援を提供する機関や団体は、自治体や社会福祉協議会、就労移行支援事業所、障害者就労支援施設などがあります。これらの機関や団体は、専門のカウンセラーやアドバイザーを配置し、就労支援に関する相談やアドバイスを提供しています。

また、就労支援を受けるには、所定の手続きが必要な場合があります。例えば、就労移行支援事業所を利用する場合には、事前に申し込みが必要な場合があります。

就労支援を利用するには、まずは自分自身がどのような支援が必要かを把握し、その上で適切な機関や団体に相談することが重要です。

就労支援おすすめサイトのご紹介

すべての年代の方におすすめできる就労支援サイトをご紹介します。就労支援サイトごとに特徴を解説していきますので、気になった就労支援サイトを利用してみてください。

なお、約9割の方が自己負担なく利用できているようですし、利用してみないとどれが自分に合うかもわからないので、登録だけでもしておいていただければと思います。

株式会社ココルポート

kokokuru

障がいのある方が就労に向けたトレーニングを行い、 働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポートを行ってくれます。

首都圏・大阪・福岡に51箇所の事業所を展開しているので、通勤しやすい場所を選ぶことができます。

「株式会社ココルポート」のページへ

パーソルチャレンジ・ミラトレ

hatarakumitaroter

ミラトレの特徴として、一人ひとりに最適な支援計画を立ててくれることによる「就職率98%」「職場定着率80% という高い定着率を実現しています。 ※就職後半年後の定着率」

また、スタッフの中に「臨床心理士」や「社会福祉士」が在籍しており、悩みや不安をいつでもスペシャリストに相談できる環境が整っていますし、障がい者・難病者向けに特化した求人を多数抱えている為、自分に合った就職先を早めに探しやすいのでお勧めできます。

「パーソルチャレンジ・ミラトレ」のページへ

 

目次:闘病記録

HOME

28歳のときに脳幹出血発症

30歳のときに脳梗塞発症

入院中買って良かった物

患者を支えるご家族の方へ

母直筆の71日間の闘病記録ノート

病気をしたのは自分のせい

目次:症状別の克服体験記

片麻痺を克服するためにやったこと

目の視力を改善させた方法

手のしびれを改善させた方法

高次脳機能障害を改善させた方法

目次:入院生活に役立つ知識と便利なグッズ

脳卒中で働けなくなった時に使える制度や保険

脳卒中患者が選ぶ、入院便利グッズ

目次:障害者雇用について

自分らしく輝ける!障がい者雇用で新たなキャリアを手に入れよう!

障害者の職業としてプログラマーは最適であ理由

就労支援とは?

脳卒中の障害で働くことに不安を感じたら、読んでください

就労支援を使うメリット

就労支援にかかる費用について

就労支援を利用するには

就労支援はリハビリになりますか?

就労支援在宅とは?

就労支援のA型とB型の違い

目次:フェイスブック

先頭へ