top_220808

もう足元まで来ている再生医療について

まず、何も言わずにこの動画を見てください。

これはサンバイオって会社です。聞いた事あるでしょうか?!

日本人がアメリカで立ち上げたんですが、森(社長)さんって方が居て新薬を開発しもう認可された状況なんです。

新薬と言うのは、脳梗塞、外傷性脳損傷の人に投与すると脳が再生すると言う世界初の細胞再生薬。

常識を覆す話ですよね!

脳が再生するなんて!

それも慢性期に効くらしいアメリカで臨床が終わり日本でもつい最近販売が承認されたようなんです!

麻痺の後遺症で苦しんでる人たちに取っては、まるで夢のような話で希望がもてますよね!

↓製造販売承認申請
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4592/tdnet/2093625/00.pdf

 

いつどのように承認され適用を受けれるかは不明慮

おそらく近い将来、日本国内でもこの再生医療は認可されることと思います。

しかし、全員が全員この治療を受けることができるかは未知数であります。

もしかすると、発症してから1年以内は受けれるけど、それ以上日数が経っていると受けることができないなどの制限が出てくるかもしれません。

なので、僕としては、可能性を高めるためにも微量ミネラルを摂取して様子を見て欲しいと思っています。

僕はこの微量ミネラルの摂取が合っていました。

だからここまで回復できたと思っていますし、僕が紹介した微量ミネラルを飲んで良くなった人。例えば、感覚が戻ってきたとか、歩けるようになってきたと言った嬉しいメッセージを本当にたくさんいただいています。

だから一度試してみて欲しいと切に願います。

 

希望は常に力になります

最終的に再生医療という可能性が残っているんだからドーン!と構えてたらいいんです!

確かに、今はコロナ禍で、面会等を含めて動きづらい時代にではありますが、僕が発症したときよりも再生医療もかなり進歩しています。

僕が発症したときには、再生医療の「さ」の文字もありませんでした。

でもあなたにはもう再生医療が足元にまできています。

あなたは本当に良いタイミングで発症したんだ!!

そう思い、希望をもっていただければ幸いです。

頑張ってくださいね!

応援しています!

 

目次:なぜ私は脳幹出血と脳梗塞を乗り越えれたのか?

僕が一番効果があった方法をまとめました

目次:闘病体験談

筆者プロフィール

28歳のときに脳幹出血発症

30歳のときに脳梗塞発症

患者を支えるご家族の方へ

母直筆の71日間の闘病記録ノート

目次:リハビリの考え方

どんなリハビリをすれば良いのか解説します

目次:症状別の克服体験記

片麻痺を克服するためにやったこと

目の視力を改善させた方法

手のしびれを改善させた方法

高次脳機能障害を改善させた方法

もう足元まで来ている再生医療について

目次:退院してからの生活

脳卒中の再発予防となる3つのこと

脳卒中の障害で働けなくなってしまったら

目次:入院生活に役立つ知識と便利なグッズ

脳卒中患者が選ぶ、入院便利グッズ

目次:病気が治る考え方

脳卒中は進行形の病気ではない

病気をしたのは自分のせい

「ありがとう」は魔法の言葉

「きっと、よくなる」

【言葉の力】

花のように生きることはできるかもしれない

目次:退院してからの生活

脳卒中の再発予防となる3つのこと

運転を再開するための予備知識

障害者雇用という働き方も全然悪くないという話

目次:その他

YouTubeやってます

僕の体験が書籍化されました

先頭へ