手のしびれを改善させた方法

僕は脳幹出血を発症した際に、左の腕と手のしびれを患いました。

ただ、発症から10年以上たった今では、発症時の痛みの度合いを100とした場合、10程度にまで弱まっています。

このことからも分かるように、痺れといった障害は弱まるものだと考えています。ただ、こういった繊細な症状と言うのは数カ月といった短い期間で治るものではないと考えています。

少なくとも年スパンで徐々に弱まっているものだと考えています。

ただ、おそらくこういう生活をしていれば、より良かったのではないかとお話をしたいと思います。試すことができるものばかりですので、試せるものはぜひ試してみてください。

 

1.イボイボボールを触る

痺れている時には、よりたくさんの刺激を与えて、痺れに慣れさせることが良いのだと考えています。ですからいろんなものに触れて手にたくさんの刺激を与えることが重要だと考えています。

ibobiboboool

↑画像タップで商品ページに移動します。

2.電気で刺激

denkifuro

整骨院などで手のしびれが気になると伝えると手に電気をあててくれますし、銭湯に行って電気風呂があった場合には必ず電気風呂で手に刺激を与えていました。

 

3.天然温泉の効能を得る

onsen

温泉成分に含まれているミネラルによって効能を得る方法です。ミネラル分は肌の毛穴から吸収されます(経皮吸収)。

とはいえ、毎日天然温泉に入ることはできないでしょうから、僕は下記用のうな天然温泉に近い入浴剤を使っていました。

↑画像タップで商品ページに移動します。

 

症状別の克服体験記

症状別の克服体験記

目の視力を改善させた方法

手のしびれを改善させた方法

再発をさせないために

再発予防のための食事の摂り方

先頭へ