生存率1%と言われた脳幹出血と全ての言葉を奪い去った脳梗塞を乗り越えた体験記

このページにアクセスしていただきありがとうございます。

このページは、生存率1%と言われた脳幹出血と、全ての言葉を奪い去った脳梗塞から完全に立ち直った闘病記録で、患者自身はもちろん、患者を支えるご家族の方にも参考になれればと思い作成しました。

私は、2011年(当時28歳)に、脳動静脈奇形破裂(AVM)による脳幹出血(延髄出血)を発症し、その2年後の脳血管撮影検査中に脳梗塞を発症した経験をもちます。

kkkkk

脳幹出血を発症した際には、昏睡状態となり自分の力で呼吸をすることすらできなくなってしまいました。医師からは「生存率 1パーセント」と言われており、本当にいつ死んでもおかしくない状態でしたが、奇跡的に一命を取り止め、発症前とほとんど変わらないまでに回復することができました。

しかし、その2年後にカテーテルを使用しての脳血管撮影検査を行いますが、血栓が脳に飛んでしまったことによって、脳梗塞を発症してしまいました。そのときは右脳の役半分を損傷し、失語症と視野欠損の障害を患いました。

ただ、経験者は強しです。過去の経験からどんなリハビリをすれば良いのかが分かっていたので、わずか一カ月後には社会復帰を果たすことができました。

このように短期間に2度も脳の病気を患いながらも、ほぼ後遺症を残すことなく回復できた人間は、世界的に見ても稀な存在だと思います。

ちなみに今まで僕が経験した障害は下記になりますが、そのすべてを乗り越えることができました。

・嚥下障害・意識障害・左半身麻痺(手足のマヒ)・左手の痺れ・右半身の感覚障害(温度)・排尿障害・言語障害,高次脳機能障・視野障害,斜視・ふらつき・高次脳機能障害(すぐにかっとなる)・めまい・頭痛・性欲が無くなった

◆走ることもできるようになりました。

◆講演会で私の経験を伝えています
200530

 

脳卒中で苦しんでいるあなたと、あなたの家族を、私の経験で救いたい

このように2つの脳の病気を乗り越えた経験から、患者はどのようにして闘病生活を送ればいいのか、家族はどう患者と接すればいいのか身をもって体験しました。そしてこの経験は同じ境遇にいてる方のお役に立てるのではないかと考えるようになり、出版することを決めました。

一般的に脳の病気は、脳卒中の症状は人それぞれ、後遺症の重さ、回復の度合なども人それぞれと言われています。ですが、私はそうは思っていません。正しい気持ち、正しい闘病生活、そして正しいサポートをすることで、必ず乗り越えることができる病だと考えています。

なぜこんなことが言えるのかと言いますと、私自身とくに何も特殊な人間でなかったからです。身体能力が高かった訳でもなく(むしろ平均以下)、特殊な知識を持つわけでもなく、努力という努力を今までしてこなかった平坦な人間だったからです。

そのようなごくごく普通の人間にでも、二度も奇跡と呼ばれる回復をすることができたのです。ですから、きっとあなたも乗り越えることができると信じています。

 

目次

第一章:闘病記録

序章

母直筆の71日間の闘病記録ノート

昏睡状態の患者に対して家族ができること

第二章:リハビリテーション

片麻痺を克服するために僕がやったこと

目のリハビリテーション

失語症、高次脳機能障害に効果があったリハビリ

手の痺れでお悩みの方必見!治し方やリハビリの方法をご紹介

第三章:患者をサポートするご家族の方へ

リモートによる医療相談窓口

確認しておきたい、働けなくなった時に使える制度や保険

第四章:【入院中】使ってよかった物・買って良かった物

脳卒中患者が選ぶ、入院便利グッズ

第六章:【退院後】使ってよかった物・買って良かった物

自宅の玄関ドアやカギが自動ドアになる装置

第七章:退院後の生活

障がい者の出会いにおすすめのマッチングアプリ・婚活アプリ・結婚相談所を紹介