生存率1%と言われた脳幹出血と全ての言葉を奪い去った脳梗塞を乗り越えた体験記

このページにアクセスしていただきありがとうございます。

このページは、生存率1%と言われた脳幹出血と、全ての言葉を奪い去った脳梗塞を経験するも、大きな後遺症を残すことなく社会復帰を実現した闘病記録で、患者自身はもちろん、患者を支えるご家族の方にも参考になれればと思い作成しました。

僕は、2011年(当時28歳)に、脳動静脈奇形破裂(AVM)による脳幹出血(延髄出血)を発症し、その2年後の脳血管撮影検査中に脳梗塞を発症した経験をもちます。

kkkkk

脳幹出血を発症した際には、昏睡状態となり自分の力で呼吸をすることすらできなくなってしまいました。医師からは「生存率 1パーセント」と言われており、本当にいつ死んでもおかしくない状態でした。医療従事者の方々の懸命の処置の結果、奇跡的に一命を取り止めることができ、本当に多くの人たちにサポートしていただいたおかげで、発症前とほとんど変わらないまでに回復することができました。

しかし、まだまだ試練は続きます。

脳幹出血を発症した際にカテーテルによる止血手術をしてもらったのですが、ちょうど2年経過したのでフォローアップ検査をしてもらいました。順調に検査は進んでいたのですが、最後の処置の際に血栓が脳に飛んでしまったことによって、脳梗塞を発症してしまい、右脳の役半分を損傷してしまう事態になりました。

すぐに現れた症状としては、失語症と視野欠損がでました。もう生きることに絶望を味わいました。

ただ、経験者は強しです。過去の経験からどんなリハビリをすれば良いのかが分かっていたので、脳梗塞発症からわずか1カ月後には社会復帰を果たすことができました。

このように短期間に2度も脳の病気を患いながらも、ほぼ後遺症を残すことなく回復できた人間は、日本国内のみならず世界的に見ても稀な存在だと思います。

ちなみに今まで僕が経験した障害は下記になりますが、そのすべてを乗り越えることができました。

嚥下障害・意識障害・左半身麻痺(手足のマヒ)・左手の痺れ・右半身の感覚障害(温度)・排尿障害・言語障害,高次脳機能障・視野障害,斜視・ふらつき・高次脳機能障害(すぐにかっとなる)・めまい・頭痛・性欲が無くなった

走ることもできるようになりました

講演会で自身の経験を伝えています

200530

 

脳卒中で苦しんでいるあなたと、あなたの家族を、僕の経験で救いたい

このように2つの脳の病気を乗り越えた経験から、患者はどのようにして闘病生活を送ればいいのか、家族はどう患者と接すればいいのか身をもって体験しました。そしてこの経験は同じ境遇にいてる方のお役に立てるのではないかと考えるようになり、インターネットで自身の体験を公開することを決めました。

一般的に脳の病気は、脳卒中の症状は人それぞれ、後遺症の重さ、回復の度合なども人それぞれと言われています。ですが、僕はそうは思っていません。正しい気持ち、正しい闘病生活、そして正しいサポートをすることで、乗り越える可能性がある病だと考えています。

なぜこんなことが言えるのかと言いますと、僕自身とくに何も特殊な人間でなかったからです。身体能力が高かった訳でもなく(むしろ平均以下)、特殊な知識を持つわけでもなく、努力という努力を今までしてこなかった、ごくごくどこにでもいる平坦な人間だったからです。

しかし、今、まさに暗闇の中でその奇跡を目指している人たちはたくさんいます。それどころか、その奇跡を見つけ出すことができずに、暗闇の中でうずくまっている人もたくさんいるはずです。

闘病中の本人、家族、恋人、親しい友人、かけがえのない仲間。暗闇で迷い、苦しみ、希望の光が見いだせない人たち。そうなっても仕方のない状況で、もがき、あがき、抜け出そうと努力する人たち。

僕は、そういう人たちにとっての、一筋の光になりたい。希望の光となって、僕が見つけたのと同じようなあなたの奇跡を照らし出してあげたい。そう願いこのブログを作成しました。

脳梗塞や脳出血を患った大切な人との接し方に悩んでいる人。どうしたらいいのかわからなくて悩んでいる人。そして、それだけでなく。人生に立ち止まり、行き詰まり、袋小路で迷っている人にも。ぜひお読みください。

そして、僕のこの体験談で、道を照らしてみてください。ご家族の方は、僕の体験を患者に伝えて希望を持たせてください。

僕は1%の奇跡を見つけました。そしてそれを手にしました。今度は、あなたが奇跡を見つけ出し、それをつかみ取る。そんなお手伝いを、僕にさせてくださいませんか?

 

目次:闘病体験談

筆者プロフィール

28歳のときに脳幹出血発症

30歳のときに脳梗塞発症

患者を支えるご家族の方へ

母直筆の71日間の闘病記録ノート

闘病中一番身近にいてくれた母との対談

 

目次:入院生活に役立つ知識と便利なグッズ

脳卒中で働けなくなった時に使える制度や保険

脳卒中患者が選ぶ、入院便利グッズ

 

目次:病気が治る考え方

脳卒中は進行形の病気ではない

病気をしたのは自分のせい

「ありがとう」は魔法の言葉

「きっと、よくなる」

【言葉の力】

花のように生きることはできるかもしれない

 

目次:退院してからの生活

脳卒中の再発予防となる3つのこと

運転を再開するための予備知識

障害者雇用という働き方も全然悪くないという話

 

目次:その他

活動支援につきまして

YouTubeやってます

僕の体験が書籍化されました

先頭へ