top_220808

脳卒中は進行形の病気ではない

この記事では、脳卒中というものについて僕なりの解釈をお話ししたいと思います。

僕はAVM(脳動静脈奇形破裂)による脳幹出血と、カテー検査による合併症で脳梗塞を経験しました。

その経験から言えることは、脳卒中は発症直後が症状としては1番重たく、それ以降は徐々に症状は安定していくということです。

そして、リハビリができるようになるまで容体が安定してきたら、リハビリを開始して失った機能を取り戻していくという流れになります。

この辺りは癌などの進行形の病気とは異なり、基本的には発症してから以降はそれ以上悪くならないものだと考えています。

ですから麻痺の症状が今以上に酷くなると言ったことは考えにくいです。

僕は発症した時より障害が重たくなったことは一度もありません。

そのことを知らなかった僕は、もしかすると今動いている手が急に動かなくなるんじゃないか?という恐怖はしばらくありました。

ですからそのようなことは気にせずにおもいっきり治すことに注力してくださいね。

 

目次:闘病体験談

筆者プロフィール

28歳のときに脳幹出血発症

30歳のときに脳梗塞発症

患者を支えるご家族の方へ

母直筆の71日間の闘病記録ノート

闘病中一番身近にいてくれた母との対談

 

目次:治すためのリハビリ

どんなリハビリをすれば良いのか解説します

片麻痺を克服するためにやったこと

リハビリの常識・非常識

 

目次:入院生活に役立つ知識と便利なグッズ

脳卒中で働けなくなった時に使える制度や保険

脳卒中患者が選ぶ、入院便利グッズ

 

目次:病気が治る考え方

脳卒中は進行形の病気ではない

病気をしたのは自分のせい

「ありがとう」は魔法の言葉

「きっと、よくなる」

【言葉の力】

花のように生きることはできるかもしれない

 

目次:退院してからの生活

障害者雇用という働き方も全然悪くないという話

脳卒中予防十か条

運転を再開するための予備知識

 

目次:その他

活動支援につきまして

YouTubeやってます

障がい者雇用ブログ立ち上げました

僕の体験が書籍化されました

先頭へ