障害者雇用という働き方も全然悪くないという話

働ける状態になった場合には、自分の適性にあった仕事に就きましょう。

人間は働くことで自分の価値、存在意義を見出せるものだと考えています。

僕は脳幹出血を発症した際に身体障がい者となり、以前の会社を退職した。

自分が世の中に必要ない存在なのではないか?と思うことも少なくなかった。

そこで、自分の障害に合った働き方を選べる『障がい者雇用枠』に転職して生きがいを感じながら働くことができています。

そんな障がい者雇用(就労支援)の経験をブログにしましたので宜しかったらみてください。

↓障がい者雇用のブログを作成しました。
https://kittoyokunaru.sakura.tv/

 

目次:闘病体験談

筆者プロフィール

28歳のときに脳幹出血発症

30歳のときに脳梗塞発症

患者を支えるご家族の方へ

母直筆の71日間の闘病記録ノート

闘病中一番身近にいてくれた母との対談

 

目次:入院生活に役立つ知識と便利なグッズ

脳卒中で働けなくなった時に使える制度や保険

脳卒中患者が選ぶ、入院便利グッズ

 

目次:病気が治る考え方

脳卒中は進行形の病気ではない

病気をしたのは自分のせい

「ありがとう」は魔法の言葉

「きっと、よくなる」

【言葉の力】

花のように生きることはできるかもしれない

 

目次:退院してからの生活

脳卒中の再発予防となる3つのこと

運転を再開するための予備知識

障害者雇用という働き方も全然悪くないという話

 

目次:その他

活動支援につきまして

YouTubeやってます

僕の体験が書籍化されました

先頭へ