top_220808

障害者雇用という働き方も全然悪くないという話

働ける状態になった場合には、自分の適性にあった仕事に就きましょう。

人間は働くことで自分の価値、存在意義を見出せるものだと考えています。

僕は脳幹出血を発症した際に身体障がい者となり、以前の会社を退職した。

自分が世の中に必要ない存在なのではないか?と思うことも少なくなかった。

そこで、自分の障害に合った働き方を選べる『障がい者雇用枠』に転職して生きがいを感じながら働くことができています。

そんな障がい者雇用(就労支援)の経験をブログにしましたので宜しかったらみてください。

↓障がい者雇用のブログを作成しました。
https://kittoyokunaru.sakura.tv/

 

目次:闘病記録

HOME

28歳のときに脳幹出血発症

30歳のときに脳梗塞発症

入院中買って良かった物

患者を支えるご家族の方へ

母直筆の71日間の闘病記録ノート

病気をしたのは自分のせい

目次:症状別の克服体験記

片麻痺を克服するためにやったこと

目の視力を改善させた方法

手のしびれを改善させた方法

高次脳機能障害を改善させた方法

目次:入院生活に役立つ知識と便利なグッズ

脳卒中で働けなくなった時に使える制度や保険

脳卒中患者が選ぶ、入院便利グッズ

目次:障害者雇用について

自分らしく輝ける!障がい者雇用で新たなキャリアを手に入れよう!

障害者の職業としてプログラマーは最適であ理由

就労支援とは?

脳卒中の障害で働くことに不安を感じたら、読んでください

就労支援を使うメリット

就労支援にかかる費用について

就労支援を利用するには

就労支援はリハビリになりますか?

就労支援在宅とは?

就労支援のA型とB型の違い

目次:フェイスブック

先頭へ